ハイクノミカタ

足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】


足指に押さへ編む籠夏炉の辺

余村光世


さいきん気候が良くなってきてめちゃめちゃ嬉しい。お日様も出ているから、調子に乗って薄着になっている。でも実際のところ気温はまだそれほど上がっていないし、アパートの床は大理石なのでしょっちゅう身体が冷える。それでも一に「夏だわ!」、二に「夏だわ!」とこっちは気が変になっているので、上に何か羽織るのをついつい怠ってしまい、とうとう風邪をひいた。

布団をかぶって寝ながら天井をじっとみる。天井はしんとしている。もちろん天井が喋り出したらそれはそれでやばいんだけど、退屈だ。退屈なので、とりとめもないことを考える。そういえばこの季節は、近場にあるロスチャイルド家の邸宅で薔薇を見るのが習慣だった。今年は薔薇展どうなるのかしら?  あとで起きて調べてみよう。

ここらあたりの富豪の家は、天井が高すぎて、ふつうの服装だと寒い。城になると、地階は寒い上にうすぐらい。外が暑い分、内はひんやりするようにデザインされているのだ。建物の中が氷室みたいな感じ。夏にそういう場所にめぐりあうと、地獄で水風呂を見つけたように嬉しい。でもちゃんと上着を持っていかなきゃ。風邪をひかないように。

  足指に押さへ編む籠夏炉の辺    余村光世

対象との安定した距離を保ちつつ、よく見ることによって世界を構造立てている。言葉の数が多いけれど決して説明調ではなく、手足の指の感覚がリアルに伝わってくる。「夏炉の辺」から想像される天井の高さ、室内の暗さ、そして肌寒さも魅力的だ。手仕事をする人間のすがたが、どこか内省的でひんやりとした美しさとして形作られている。

小津夜景


【小津夜景のバックナンバー】
>>〔32〕夕焼けに入っておいであたまから    妹尾凛
>>〔31〕おやすみ
>>〔30〕鳥を見るただそれだけの超曜日    川合大祐
>>〔29〕紀元前二〇二年の虞美人草      水津達大
>>〔28〕その朝も虹とハモンド・オルガンで   正岡豊
>>〔27〕退帆のディンギー跳ねぬ春の虹    根岸哲也
>>〔26〕タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子
>>〔25〕蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に     林雅樹
>>〔24〕止まり木に鳥の一日ヒヤシンス   津川絵理子
>>〔23〕行く春や鳥啼き魚の目は泪        芭蕉
>>〔22〕春雷や刻来り去り遠ざかり      星野立子
>>〔21〕絵葉書の消印は流氷の町       大串 章
>>〔20〕菜の花や月は東に日は西に      与謝蕪村
>>〔19〕あかさたなはまやらわをん梅ひらく  西原天気
>>〔18〕さざなみのかがやけるとき鳥の恋   北川美美
>>〔17〕おやすみ
>>〔16〕開墾のはじめは豚とひとつ鍋     依田勉三
>>〔15〕コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
>>〔14〕おやすみ
>>〔13〕幾千代も散るは美し明日は三越    攝津幸彦
>>〔12〕t t t ふいにさざめく子らや秋     鴇田智哉
>>〔11〕またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
>>〔10〕しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
>>〔9〕凩の会場へ行く燕尾服        中田美子
>>〔8〕アカコアオコクロコ共通海鼠語圏   佐山哲郎
>>〔7〕後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ     佐藤りえ
>>〔6〕COVID-19十一月の黒いくれよん   瀬戸正洋
>>〔5〕風へおんがくがことばがそして葬    夏木久
>>〔4〕たが魂ぞほたるともならで秋の風   横井也有
>>〔3〕渚にて金澤のこと菊のこと      田中裕明
>>〔2〕ポメラニアンすごい不倫の話きく   長嶋 有
>>〔1〕迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー   中嶋憲武


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. しろがねの盆の無限に夏館 小山玄紀【季語=夏館(夏)】
  2. 夏場所の終はるころ家建つらしい 堀下翔【季語=夏場所(夏)】
  3. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】
  4. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】
  5. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  6. ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】
  7. 波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂【季語=冴ゆ(冬)】
  8. 逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ 池田澄子【季語=草紅葉(秋)…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第75回】近江文代
  2. 寝そべつてゐる分高し秋の空 若杉朋哉【季語=秋の空(秋)】
  3. 蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ 飯島晴子【季語=蜷(春)】
  4. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
  5. をぎはらにあした花咲きみな殺し 塚本邦雄【季語=荻(秋)】
  6. 朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎【季語=朝寝(春)】
  7. コンゲツノハイク(結社推薦句)【5月31日締切】
  8. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  9. 【秋の季語】新酒/今年酒
  10. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】

Pickup記事

  1. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  2. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第25回】山崎祐子
  4. 【#27】約48万字の本作りと体力
  5. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  6. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】
  7. 婚約とは二人で虹を見る約束 山口優夢【季語=虹(夏)】
  8. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】
  9. 【冬の季語】裸木
  10. 【冬の季語】寒晴
PAGE TOP