ハイクノミカタ

ポメラニアンすごい不倫の話きく 長嶋有


ポメラニアンすごい不倫の話きく

長嶋有


いったい俳句は文学なのか?   この種の話はいろいろとむずかしい。なぜなら文学という高次の概念はわたしたちの具体的な営みのあとからやってくる意匠にすぎず、個々の営みはジャンルというものを想定せずに行われるからだ。

実際のところ、俳句にたいする印象というのは人それぞれだろう。わたし自身は歌であると感じる瞬間が多い。また文学や音楽といった意匠をまとうことがためらわれるほど短く、あらゆることを語り損ねるだろうこの詩形の佇まいに、人間の生そのものを感じることもある。

ポメラニアンすごい不倫の話きく

長嶋有の俳句は了解性が高く、それでいてみずみずしい。掲句はカマトトすぎる〈すごい〉の使用法がまさにすごい。技が一つ決まった感じだ。

ところで「一本決まった」ということは、これは大喜利俳句なのだろうか? いやそうではないだろう。その証拠に、掲句は「姦通」という文学における永遠のテーマに言及することで、文学の側にぐっと踏みとどまっている。ただし文学という概念を高次から纏うのではなく、コートのように丸めて脇にはさんでみせたのだ。もしかするとこの句は、文学とはなにかということをさまざまな角度から考え、トライアル&エラーを繰り返した人ならではの返し技なのかもしれない。

(小津夜景)


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記」https://yakeiozu.blogspot.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)…
  2. 白魚のさかなたること略しけり 中原道夫【季語=白魚(春)】
  3. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
  4. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(…
  5. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  6. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】
  7. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  8. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬…

おすすめ記事

  1. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
  2. 【夏の季語】クーラー
  3. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
  4. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタインデー(春)】
  5. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  6. 【冬の季語】雪降る
  7. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  8. 【#15】秋に聴きたくなる曲
  9. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】
  10. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】

Pickup記事

  1. 南浦和のダリヤを仮のあはれとす 摂津幸彦【季語=ダリヤ(夏)】
  2. 【書評】鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(私家版、2019年)
  3. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第92回】行方克巳
  5. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】
  6. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第68回】堀田季何
  8. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】
  9. 「けふの難読俳句」【第8回】「眴」
  10. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
PAGE TOP