ハイクノミカタ

またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々


またわたし、またわたしだ、と雀たち

柳本々々


自分が存在しているということが、とてもふしぎに感じられる瞬間がある。

で、そんなとき思わずやってしまうのが、俳句を書くことだ。どうしてかはわからないけれど、俳句を書けば、もういちどそのふしぎな感じが再現できるんじゃないかしら、と期待してしまうのである。

わたしにとって存在というのは、吐息が音や律動に変わる瞬間のふしぎに、ちょっと似ている。またわたしは新規性といった意味における俳句の新しさには関心がないけれど、そのいっぽうで朝めざめた瞬間の、あの生まれたての感じといった意味でなら、新しい一句がいつでも大好きだ。

またわたし、またわたしだ、と雀たち   柳本々々

ほやほや、かつ、きらきらーーそんな生まれたての存在それ自体を具現した一句だとおもう。あれ、柳本々々は川柳作家じゃないの?なんて台詞は言いっこなしだ。作者と作品はべつのもの。掲句には、この世に生まれたばかりの、ふにゃふにゃの感触があって、ジャンルの鎧をいまだーーそして願わくば永遠にーー装わずに呼吸しているのだから。

小津夜景


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎【季語=朝寝(春)】
  2. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(…
  3. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
  4. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  5. 四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子【季語=四月馬鹿(春)】…
  6. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】
  7. おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思【季語=夕立(夏)】
  8. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】

おすすめ記事

  1. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  2. 【春の季語】花粉症
  3. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】
  4. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第1回】武田禪次
  6. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  7. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
  8. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
  9. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
  10. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌
  2. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  3. 指さして七夕竹をこはがる子 阿部青鞋【季語=七夕竹(秋)】
  4. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  6. t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉
  7. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  8. 【冬の季語】聖夜劇
  9. 深追いの恋はすまじき沈丁花 芳村うつぎ【季語=沈丁花(春)】
  10. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】
PAGE TOP