ハイクノミカタ

またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々


またわたし、またわたしだ、と雀たち

柳本々々


自分が存在しているということが、とてもふしぎに感じられる瞬間がある。

で、そんなとき思わずやってしまうのが、俳句を書くことだ。どうしてかはわからないけれど、俳句を書けば、もういちどそのふしぎな感じが再現できるんじゃないかしら、と期待してしまうのである。

わたしにとって存在というのは、吐息が音や律動に変わる瞬間のふしぎに、ちょっと似ている。またわたしは新規性といった意味における俳句の新しさには関心がないけれど、そのいっぽうで朝めざめた瞬間の、あの生まれたての感じといった意味でなら、新しい一句がいつでも大好きだ。

またわたし、またわたしだ、と雀たち   柳本々々

ほやほや、かつ、きらきらーーそんな生まれたての存在それ自体を具現した一句だとおもう。あれ、柳本々々は川柳作家じゃないの?なんて台詞は言いっこなしだ。作者と作品はべつのもの。掲句には、この世に生まれたばかりの、ふにゃふにゃの感触があって、ジャンルの鎧をいまだーーそして願わくば永遠にーー装わずに呼吸しているのだから。

小津夜景


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子【季語=くしゃみ(冬)…
  2. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】
  3. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】
  4. 妹の手をとり水の香の方へ 小山玄紀
  5. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  6. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 …
  7. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】
  8. シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は 櫂未知子【季語=シャワー(夏)…

おすすめ記事

  1. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  2. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  3. t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉
  4. 【新年の季語】松飾
  5. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】
  6. 【新年の季語】歌留多
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【6】/宇志やまと(「銀漢」同人)
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  9. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  10. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】

Pickup記事

  1. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  2. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
  3. 【秋の季語】九月
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】
  5. 室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子【季語=室咲(冬)】
  6. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  7. 【冬の季語】節分
  8. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年11月分】
  10. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
PAGE TOP