ハイクノミカタ

人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子【季語=巣箱(春)】 


人のかほ描かれてゐたる巣箱かな)

(藤原暢子

藤原暢子さん第二句集『息の』(文學の森)より。

巣箱というのはよく考えると不思議なものだ。
人の手によって作られた巣箱が樹木にとりつけられ、野性の鳥の繁殖を助けるというのだから。
そういえば、父は時々実家の庭に雀のために米を蒔いていた。
鳥と人が共生するということ。忘れがちであるが、珍しいことではないのかもしれない。

巣箱にもいろいろな形があるが、その巣箱に人の顔が描かれているという。
鳥の世界に人の顔が紛れ込んでしまったようでもありなんだか可笑しい。
目鼻を描くと顔が生まれ、顔が生まれると、そこには感情が生まれ、物がさらに特別なものに変わる。
どんな顔なのかは分からないが、描いた人の温もりや存在が感じられ、その小さな箱の中で小鳥が育つのかと思うと微笑ましくなる。
ゆったりとした詠みぶりも春らしい。

藤原暢子さんの俳句には喜びがある。そして信じることを知っている。
新刊ではあるがいくつか引いてみたいと思う。

見てからはずつと蛍火だと分かる

蛍火を初めて見たときのことだろうか。
誰かに教えてもらった蛍の火。それは、小さな火だけど蛍以外何物でもない火。
遠くから見ても、時間が経っても、蛍が飛んでいたら蛍だということが分かる。
見て知ることの喜びが「ずつと」に表れている。

ゆきふると言へば雪降る紀尾井坂

紀尾井坂を調べると、東京の千代田区にある坂で、江戸時代は南側に紀州徳川家、北側には尾張徳川家、彦根藩井伊家の屋敷があり、紀州徳川家の「紀」、尾張徳川家の「尾」、井伊家の「井」のそれぞれ一字ずつを取って「紀尾井坂」と呼ぶようになったそうだ。
また、1878年5月14日に内務卿大久保利通が旧加賀藩士島田一郎らに暗殺された「紀尾井坂の変」のあった場所としても知られている。
紀尾井坂という歴史のある場所に降る雪はいつもと違う世界に連れていき、そこにかつて居た人々に思いが及ぶ。

ことばが雪を呼び、雪が時間を超えていくようだ。

永き日の封書で届く海の塩

藤原暢子さんは旅の人でもあり、句集の帯には「いつも、息をするように旅をしたいと思っている。」と書かれている。
春ののどかな日差しの中、封書を開くと真っ白な海の塩が入っている。
封書で届いた塩は遠い旅先で知り合った友人からの贈りものだろうか。
永き日の何かを待っているような時間と遠くはなれた時間をつなぐ封書。
ゆったりと流れる時間に、塩の香とともに海が広がっていき、そこにはやはり喜びがある。

山岸由佳


【執筆者プロフィール】
山岸由佳(やまぎし・ゆか)
炎環」同人・「豆の木」参加
第33回現代俳句新人賞。第一句集『丈夫な紙』
Website 「とれもろ」https://toremoro.sakura.ne.jp/


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓


【2024年2月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔10〕足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後
>>〔11〕父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二

【2024年2月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔1〕雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子

【2024年2月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔1〕寒卵良い学校へゆくために 岩田奎
>>〔2〕泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟

【2024年1月の火曜日☆土井探花のバックナンバー】
>>〔5〕初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希
>>〔6〕許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希
>>〔7〕海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美
>>〔8〕最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら
>>〔9〕くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子

【2024年1月の木曜日☆浅川芳直のバックナンバー】
>>〔5〕いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原
>>〔6〕冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟
>>〔7〕わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪
>>〔8〕室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希【季語=サングラス(夏)…
  2. 寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり【季語=寒月(冬)】
  3. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  4. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】
  5. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
  6. 春の夢魚からもらふ首飾り 井上たま子【季語=春の夢(春)】
  7. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】
  8. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】

おすすめ記事

  1. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  2. 海底に足跡のあるいい天気 『誹風柳多留』
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」タルト・オ・ポンム
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
  5. 【春の季語】薄氷
  6. 【冬の季語】寒晴
  7. 【夏の季語】虹
  8. 夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹【季語=夏蝶(夏)】
  9. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】
  10. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】

Pickup記事

  1. 毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(春)】
  2. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  3. 昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子【季語=昼顔(夏)】
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#10
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【20】/片山辰巳
  6. なんぼでも御代りしよし敗戦日 堀本裕樹【季語=敗戦日(秋)】
  7. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何
  8. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  9. 【秋の季語】山椒の実
  10. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】
PAGE TOP