ハイクノミカタ

足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後【季語=雪野(冬)】 


足跡が足跡を踏む雪野かな)

(鈴木牛後
北海道俳句年鑑2023」より

 本日から土井探花さんより、火曜日を引き継ぎます。1年ぶりにカムバックしました、鈴木総史です。2か月間よろしくお願い申し上げます。

 私事ではあるのだが、仕事の都合で2月いっぱいで北海道を離れることとなった。次の住処は、島根県松江市である。再び、縁もゆかりもないところへ引っ越すことになった。思えば、4年ほど前に旭川に配属された時と同じような気持ちになっている。ワクワクと不安が入り乱れている。そんな中、この原稿を書き始めている。

 本日は、「雪華」「藍生」同人の鈴木牛後さんの一句。北海道出身の俳人といえば、真っ先に思い浮かぶのが彼だろう。そんな牛後さんも、昨秋に北海道から関東へ引っ越した。馴染み深い街を離れるということは、その人にとってどういうことなのだろうか。

 私にとっての出身地である「東京」はすこし生きづらい街だった。私生活も俳句の鍛錬においても、生き急いでしまっていた気がする。何事も周りと比べられることが多く、周りを意識しすぎてしまっていた。いわゆる、自分のペースで物事を進めることができていなかったのだろう。それに対して、「北海道」は私にとってぴったりの土地だったと言えるのではないか。都会の喧騒を遠く離れ、自分のペースで生きていくことができた。俳句にも、のびのびと取り組むことができ、自分の作句スタイルを再構築することができた。その中で、大きな賞を2つ手にすることが出来た。私生活では、妻と出会い、息子も誕生した。紛れもなく、第2の故郷と呼べるほどの私自身の原点になっているのだ。そんな「北海道」を離れることに大きな悲しみを感じているのは事実だ。

 雪野の句。北海道に来てより、雪が当たり前になったが、旭川に赴任した当時は、大層驚いたことを今でも覚えている。とにかく雪の降り始めが早い。そして、あっという間に一面が銀世界になってしまう。掲句は、雪野の足跡をよく見て描写されている、眼が効いた作品である。「足跡」という語には、先人たちを含む、多くの道民の軌跡が含まれているのではないだろうか。北海道に住むだれしもが、その雪野に足跡を刻んできたのである。

 私はどうだろうか。北海道に住んだ5年弱で、足跡を残すことができただろうか。私の5年間はちっぽけかもしれない。しかし、私に多くのことを与えてくれた北海道という土地、そしてそこに住む多くの人々に感謝し、第一回を終えたいと思う。

鈴木総史


【執筆者プロフィール】
鈴木総史(すずき・そうし)
平成8年(1996)東京都生まれ、27歳。
北海道旭川市在住。3月より島根県松江市へ引越予定。
平成27年(2015)3月、「群青」入会。櫂未知子と佐藤郁良に師事。
令和3年(2021)10月、「雪華」入会。
令和4年(2022)、作品集「微熱」にて、第37回北海道新聞俳句賞を受賞。
令和5年(2023)1月より、「雪華」同人。
令和5年(2023)、連作「雨の予感」にて、第11回星野立子新人賞を受賞。
令和6年(2024)3月に、第一句集『氷湖いま』を上梓予定。
現在、「群青」「雪華」同人。俳人協会会員。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓


【2024年2月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔10〕足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後

【2024年2月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔1〕寒卵良い学校へゆくために 岩田奎

【2024年1月の火曜日☆土井探花のバックナンバー】
>>〔5〕初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希
>>〔6〕許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希
>>〔7〕海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美
>>〔8〕最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら
>>〔9〕くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子

【2024年1月の木曜日☆浅川芳直のバックナンバー】
>>〔5〕いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原
>>〔6〕冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟
>>〔7〕わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪
>>〔8〕室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草【季語=雁帰る(春)】
  2. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春…
  3. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
  4. 再縁といへど目出度し桜鯛 麻葉【季語=桜鯛(春)】
  5. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】
  6. 金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子【季語=種蒔(春)】 
  7. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  8. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】

おすすめ記事

  1. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】
  2. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年3月分】
  4. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】
  5. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 
  6. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  7. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  8. 紙魚の跡たどりて紙魚に逢はんとす 後藤夜半【季語=紙魚(夏)】
  9. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】
  10. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】

Pickup記事

  1. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】
  2. 【春の季語】三椏の花
  3. 【夏の季語】サイダー
  4. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】
  5. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
  6. 【秋の季語】白式部
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第26回】小豆島と尾崎放哉
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第25回】山崎祐子
  9. 渡り鳥はるかなるとき光りけり 川口重美【季語=渡り鳥(秋)】
  10. 【春の季語】春寒し
PAGE TOP