ハイクノミカタ

さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】


さざなみのかがやけるとき鳥の恋

北川美美

北川美美さんの思い出を書く。

美美さんから初めてメールをいただいたのは2013年10月19日のこと。内容は攝津幸彦賞準賞の連絡と、美美さんが編集長をしていた「BLOG俳句空間−戦後俳句を読む−」内の「冬興帖」への投句の誘いだった。

当時のわたしの句歴は10日あるかないか。学校で俳句を作らされた経験がなく、攝津賞応募作品を書いたほかは「週刊俳句10句競作」に投句したことがあるだけだった。ちなみに攝津賞に応募したのは、審査員の高山れおなに会ってみたいという読者目線の動機からである。もちろん歳時記だって見たことすらない。

わたしは「私が何か書くなんて、プロの俳人の方々に申し訳ありませんから、辞退させてください」と「冬興帖」への投句の誘いを断った。ところが美美さんは、そんなこといわずに書いてみてくださいと言う。仕方がないのでおそるおそる10句書き、「この中から良いものだけ選んで使ってください」とメールで送ったところ、すぐに返信が来て「10句全部頂戴します。お送りいただいた原稿は『冬興帖』に載せずに、別枠で連載にしましょう」と告げられた。連載!?

そんなわけで、わたしは句歴10日あまりで、俳句の連載をはじめることになった。

とはいえ、もともと俳句が書きたかったわけじゃないから、はじまってしばらくは、いやだなあ、いやだなあ、と居心地が悪かった。なにより自分みたいな素人がと思うと恐縮してもしきれない。本当に連載していてもいいのでしょうか?と美美さんに尋ねもした。すると美美さんはこんなふうに言った。

「物事はタイミングですすんでいきます。また文章というのは、サイボーグのように書き続けられる人もいますが、作品はそうそうサイボーグのようなわけにはいかないでしょう。なので出来るうちに発表してくださいませ。あの作品連載は本当に前人未到な印象です。なによりも創作を楽しまれている様子が伝わってきます。小津さんの作品が俳壇に旋風を起こしてくださることを願っています。」

美美さんは、わたしの俳句に感想を述べたことは一度もなかったけれど、作品の見せ方についてはなんどか意見をくれた。そのひとつが「小津さんの原稿は横書き、メイリオがいいと思います。掲載画像を作り直してみてください」というのだ。わたし自身は縦書きのほうがしっくりくるので、横書きはすぐにやめてしまったのだけれど、メイリオは連載終了までくりかえし使用した。これがそのころの画像である。

ごらんのとおり、俳句が折れている。これを見ても、美美さんは何も言わなかった。いまにして思えば、わたしのすることひとつひとつを、強いこだわりがあってそうしているにちがいないと尊重してくれていたふしがある。実際はこだわりなんてなにもない、いや、もう少し正確にいえば、美美さんがすべてを受け入れてくれるから、わたしは自分なりのこだわりなどといったものを内省する必要がなかったのだ。もし一度でも「変わったレイアウトですねえ」などと言われていたら、わたしだって、じゃあいったいどうすればいいの?と多少なりとも考えたにちがいない。しかしそんなわずらわしい機会は一度も訪れなかった。

わたしが自分の俳句生活を、まっしろな画用紙におもいのままの絵を描くようにはじめることができたのは、まちがいなく美美さんのおかげである。画用紙をはみだしても、塗り残しがあっても、美美さんは何も言わなかった。ただ、書きなさい、好きなように書きなさい、いつか書けなくなる日が来るのだから書けるうちに、と言うばかりだった。

BLOG俳句空間−戦後俳句を読む−」は2014年9月に終刊し、それと同時に約10ヶ月に及んだ連載も終わった。あれから6年と4ヶ月。わたしはあのころと同じく、協会や雑誌には参加せず、俳壇から遠いところであそんでいる。そしてたぶんこれからも、遠いところであそぶだろう。いまのわたしは、俳句と共にある生き方という、かけがえのない贈りものを与えてくれた美美さんに、心から感謝している。

さざなみのかがやけるとき鳥の恋  北川美美

小津夜景


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】
  2. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】
  3. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  4. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】…
  5. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  6. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  7. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】
  8. 生れたる蝉にみどりの橡世界 田畑美穂女【季語=蝉(夏)】

おすすめ記事

  1. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】
  2. 【冬の季語】十二月
  3. 【冬の季語】熊穴に入る
  4. 【秋の季語】秋暑し
  5. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
  6. 【秋の季語】末枯る
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  8. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年6月分】
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  2. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【1】/高部務(作家)
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  6. 【春の季語】白魚
  7. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】
  8. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
PAGE TOP