連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ


カスレ

Cassoulet


カスレはラングドック地方の郷土料理。

一説には14世紀・百年戦争の折、イングランド軍による包囲戦で食糧不足の危機に直面したカステルノーダリの町で、兵士のためにと持ち寄られた豆や貯蔵肉を大鍋で煮込んで作られたのが始まりだと言われています。

この栄養満点の料理で力をつけた兵士たちは、イングランド軍を一気に押し返し、イギリス海峡沿岸まで後退させたのだとか(ほんとかな?)。

鴨のコンフィとソーセージを白いんげん豆と一緒にぐつぐつ煮込み、仕上げにパン粉を振ってオーブンへ。焼きたて熱々をいただきます。

百年戦争発祥説が伝わるのも頷ける、がっつりパワフルな一品。寒い季節にぴったりです。

私のカスレは、白いんげん豆の水煮缶と、通販で買ったコンフィを使う簡単レシピ。人数がいれば大きなオーブン皿にたっぷり作るのですが、今は集まることのできない緊急事態宣言下。小さいサイズの片手土鍋で、一人分ずつに焼きました。

生きてあれ冬の北斗の柄の下に  加藤楸邨

季語【冬北斗】【寒北斗】【鴨】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第1回】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青…
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第58回】 秩父と金子兜太
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【13】服部崇
  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第1回】2012年・皐月賞
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年7月分】
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月9日配信分】
  8. 【第9回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:今井肖子さん・三宅やよいさ…

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】成人の日
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第51回】 軽井沢と堀口星眠
  3. 【春の季語】彼岸
  4. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  6. ラグビーのゴールは青き空にあり 長谷川櫂【季語=ラグビー(冬)】
  7. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  8. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  9. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  10. 【書評】鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(私家版、2019年)

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  2. 【秋の季語】萩/萩の花 白萩 紅萩 小萩 山萩 野萩 こぼれ萩 乱れ萩 括り萩 萩日和
  3. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
  4. 厚餡割ればシクと音して雲の峰 中村草田男【季語=雲の峰(夏)】
  5. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】
  6. 【春の季語】春泥
  7. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
  8. 【第4回】巴里居候雑記/名取里美
  9. 泉に手浸し言葉の湧くを待つ 大串章【季語=泉(夏)】
  10. 【冬の季語】春近し
PAGE TOP