堀切克洋の「パリ子育て俳句さんぽ」【ラジオ】

「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】

セクト・ポクリット管理人の堀切です。

今週も謎の店主サチヨさんがこの世のどこかで開店しているアートの溜まり場〈浮かぶカフェ〉。

先週の放送の声の出てなさを侘びつつ、しかも今週は全面的に「宣伝」です。

Youtube(下記リンク)でも聴くことができますし、その他、Podcast、Anchor、Spotifyなどでも視聴できますよー。

俳句とは関係ないのですが、今週、セクト・ポクリット管理人(堀切)が、初めて翻訳した小説が発売になりましたー!

書名は『ベケット氏の最期の時間』、出版社は早川書房さんです。

ノーベル賞(劇)作家のサミュエル・ベケットが亡くなるまでの介護施設での半年間を描いた作品。昨年のゴンクール賞最優秀新人賞受賞作です。もしよければ、手にとってみてください。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」アボカドと蟹のムース
  3. こんな本が出た【2021年3月刊行分】
  4. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第58回】 秩父と金子兜太
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月29日配信分】
  7. 【連載】新しい短歌をさがして【3】服部崇
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年2月分】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第29回】横浜と大野林火
  2. 【新年の季語】初詣
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月7日配信分】
  4. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  5. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
  6. 待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音【季語=赤い羽根(秋)】
  7. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】
  8. 極月の空青々と追ふものなし 金田咲子【季語=極月(冬)】
  9. 【冬の季語】凍る
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉

Pickup記事

  1. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二
  2. 鳥を見るただそれだけの超曜日 川合大祐
  3. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  4. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】
  5. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年11月分】
  7. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
  8. 皹といふいたさうな言葉かな 富安風生【季語=皹(冬)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  10. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】
PAGE TOP