ハイクノミカタ

何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】


何故逃げる儂の箸より冷奴

豊田すずめ


俳句を始めて間もない頃、二次会での諸先輩の語りを俳句の極意と拝聴したものだ。曰く、「食べ物の句は美味しそうに詠むこと」、「高点句に名句なし」、「性格が悪くないといい俳句は作れないのよ」…。どうしたら性格が悪くなれるだろう、考えながら家に帰った夜もあった、ような。

そんな金言の一つが「名句は悉くバレ句の要素を持っている」。高名な俳人の言葉だという。真偽のほどは定かではない、というかかなり眉唾。

バレ句は破礼句とも書く。「バレ」は”卑猥”とか”下品”を表す江戸時代の言葉だそうで、バレ句というのはその名の通り性愛的な題材を扱う句のこと。川柳に端を発するらしい。浅学ゆえ名言できかねるが、江戸川柳の時代はいざ知らず、下がかったことをあからさまに表現せずに、仄めかすのが昨今のバレ句のトレンドではないかと思う。「これ、バレ句じゃないですか?」、「深読みし過ぎでしょう、そう捉えるうさぎさんの頭の中が心配ですよ」、と揶揄いつつも作者当人が深読みされることを意識している場合もあれば、全く想定外の指摘に作者が顔を赤らめることもある。いずれにせよ、一句くらいバレ句が混じると座が和んだり、湧いたりするのは確かだ。

掲句をバレ句のジャンルに入れていいものかどうかは些か迷うけれど、艶笑句には違いない。冷奴を箸でうまく掴めない、内容はそれだけのことだ。しかし、「儂」。この一人称が句にインパクトを与えている。「我」は無論のこと、「僕」でも「俺」でも駄目だ。「儂」。途端に冷奴が悪い殿様の魔手から逃れんとする腰元に見えて来る。これは絶対に絹ごしだろう。艶やかな白さといい箸から伝わる弾力といい、ただの豆腐なのになんだ、この色っぽさは。三段切れの構造になってでも冒頭を「何故逃げる」と倒置したのもドラマを盛り上げるための意図なのだろう。あーれー、と豆腐の声が聞こえそう。

と、まぁ読みながらニヤニヤしてしまうのは、私の頭が下ネタと通俗時代劇と妄想で出来ているからかもしれない。でも、「孤独のグルメ」の井之頭五郎さんだって、定食の小鉢の冷奴に箸を下ろしながら同じことを考えていたりしないかなあ。

(『俳句の杜 2021 精選アンソロジー』本阿弥書店 2021より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


【太田うさぎのバックナンバー】
>>〔41〕ひそひそと四万六千日の猫      菊田一平
>>〔40〕香水や時折キッとなる婦人      京極杞陽
>>〔39〕せんそうのもうもどれない蟬の穴   豊里友行
>>〔38〕父の日やある決意してタイ結ぶ    清水凡亭
>>〔37〕じゆてーむと呟いてゐる鯰かな    仙田洋子
>>〔36〕蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり    日原傳
>>〔35〕好きな樹の下を通ひて五月果つ    岡崎るり子
>>〔34〕多国籍香水六時六本木        佐川盟子
>>〔33〕吸呑の中の新茶の色なりし       梅田津
>>〔32〕黄金週間屋上に鳥居ひとつ     松本てふこ
>>〔31〕若葉してうるさいッ玄米パン屋さん  三橋鷹女
>>〔30〕江の島の賑やかな日の仔猫かな   遠藤由樹子
>>〔29〕竹秋や男と女畳拭く         飯島晴子
>>〔28〕鶯や製茶会社のホツチキス      渡邊白泉
>>〔27〕春林をわれ落涙のごとく出る     阿部青鞋
>>〔26〕春は曙そろそろ帰つてくれないか   櫂未知子
>>〔25〕漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に    関根誠子
>>〔24〕飯蛸に昼の花火がぽんぽんと     大野朱香
>>〔23〕復興の遅れの更地春疾風       菊田島椿
>>〔22〕花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ  星野麥丘人
>>〔21〕あしかびの沖に御堂の潤み立つ   しなだしん

>>〔20〕二ン月や鼻より口に音抜けて     桑原三郎
>>〔19〕パンクスに両親のゐる春炬燵    五十嵐筝曲
>>〔18〕温室の空がきれいに区切らるる    飯田 晴
>>〔17〕枯野から信長の弾くピアノかな    手嶋崖元
>>〔16〕宝くじ熊が二階に来る確率      岡野泰輔
>>〔15〕悲しみもありて松過ぎゆくままに   星野立子
>>〔14〕初春の船に届ける祝酒        中西夕紀
>>〔13〕霜柱ひとはぎくしやくしたるもの  山田真砂年
>>〔12〕着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる  吉田穂津
>>〔11〕蓮ほどの枯れぶりなくて男われ   能村登四郎
>>〔10〕略図よく書けて忘年会だより    能村登四郎
>>〔9〕暖房や絵本の熊は家に住み       川島葵 
>>〔8〕冬の鷺一歩の水輪つくりけり     好井由江
>>〔7〕どんぶりに顔を埋めて暮早し     飯田冬眞
>>〔6〕革靴の光の揃ふ今朝の冬      津川絵里子
>>〔5〕新蕎麦や狐狗狸さんを招きては    藤原月彦
>>〔4〕女房の化粧の音に秋澄めり      戸松九里
>>〔3〕ワイシャツに付けり蝗の分泌液    茨木和生
>>〔2〕秋蝶の転校生のやうに来し      大牧 広
>>〔1〕長き夜の四人が実にいい手つき    佐山哲郎


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】
  2. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】
  3. やゝ寒し閏遅れの今日の月 松藤夏山【季語=今日の月 (秋)】
  4. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  5. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  6. いぬふぐり昔の恋を問はれけり 谷口摩耶【季語=いぬふぐり(春)】…
  7. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】
  8. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】

おすすめ記事

  1. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】
  2. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】
  3. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】
  4. 【夏の季語】蟇
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第91回】北大路翼
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石
  7. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
  8. 【夏の季語】額の花
  9. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】
  10. 【冬の季語】縄跳

Pickup記事

  1. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  2. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第26回】千倉由穂
  4. 【春の季語】蝶生る
  5. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  6. 【新年の季語】門の松
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー
  8. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
  9. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
PAGE TOP