二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

二ン月や鼻より口に音抜けて

桑原三郎


なんでも昔から「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」というそうで、ことに二月に入ってからの日の経つ早さには目を見張る。今日は十三日、月の前半がほぼ終了してしまったではないか。

俳句の世界では二月は「二ン月」と詠まれることも多い。私はどうもこの表記に抵抗がある。方言という説もあるようだが、どちらかというと「にんがつや」、「にんがつの」など音数合わせという便宜上使われているように疑っている。そもそも、一年でいちばん日数の短い月が悠長な名乗りを上げるのもどうかと思う。まあ、あくまで個人の感想であって、ひと様に共感を求めは致しません。

そんなことを書きながら掲句を取り上げるのは貶めるためでは勿論ない。

「ニンガツ」という言葉の「ンガ」の部分は鼻濁音になる。発音記号で表わせば[ŋ]。ただし、ガ行鼻濁音は主に東日本で使用されるものらしく、この発音要素のない地域も多いらしい。鼻濁音自体が姿を消しつつあるらしい。私自身だいぶ曖昧に使っている。

ともあれ、この句は「ニンガツ」という発音の鼻濁音に注目したもので、確かに二月という月には何かしら鼻から息が抜けるような雰囲気があるなあ、と感心したのである。感心した頭が少し後で回り出した。鼻濁音は鼻に音が抜けるのだ。掲句は「鼻より口に音抜けて」、逆ではないか。どういうことだ?と実践したところ、鼻から息を吸うようにして喉の奥で音を出すアレだった。「ングォッ」とか「フゴ!」とか、豚の鳴声を真似するときのような、いびきをかいていた人が自分でびっくりして目を覚ますような、あの音。実証のためとは言え、「ンゴッ」「ンガッ」「フゴッ」などの音を一人の部屋に何度も響かせるのは随分と馬鹿馬鹿しいことだった。そうするうちに、「二ン月だとぉ?」と眉を顰めていた自分自身も阿保らしくなってきた。ちまちました下手な考えを一蹴する―それがこの俳句の効用なのかもしれない。

(『夜夜』現代俳句協会 2013年より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


【太田うさぎのバックナンバー】
>>〔19〕パンクスに両親のゐる春炬燵    五十嵐筝曲
>>〔18〕温室の空がきれいに区切らるる    飯田 晴
>>〔17〕枯野から信長の弾くピアノかな    手嶋崖元
>>〔16〕宝くじ熊が二階に来る確率      岡野泰輔
>>〔15〕悲しみもありて松過ぎゆくままに   星野立子
>>〔14〕初春の船に届ける祝酒        中西夕紀
>>〔13〕霜柱ひとはぎくしやくしたるもの  山田真砂年
>>〔12〕着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる  吉田穂津
>>〔11〕蓮ほどの枯れぶりなくて男われ   能村登四郎
>>〔10〕略図よく書けて忘年会だより    能村登四郎
>>〔9〕暖房や絵本の熊は家に住み       川島葵 
>>〔8〕冬の鷺一歩の水輪つくりけり     好井由江
>>〔7〕どんぶりに顔を埋めて暮早し     飯田冬眞
>>〔6〕革靴の光の揃ふ今朝の冬      津川絵里子
>>〔5〕新蕎麦や狐狗狸さんを招きては    藤原月彦
>>〔4〕女房の化粧の音に秋澄めり      戸松九里
>>〔3〕ワイシャツに付けり蝗の分泌液    茨木和生
>>〔2〕秋蝶の転校生のやうに来し      大牧 広
>>〔1〕長き夜の四人が実にいい手つき    佐山哲郎



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る