ハイクノミカタ

一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】


一番に押す停車釦天の川

こしのゆみこ


乗車のバスは進行中。そろそろ降車するバス停だ。近くにあるボタンの位置を確かめて、と。よし。押すぞ。

旅はいい。目的地に着いてからはもちろんのこと、乗り物での移動中も楽しい。

ここには、旅とは書かれていない。だから日常利用のバスの中、と捉えることもできるかもしれないが、〈一番に押す停車釦〉から立ち上がってくる高揚感は旅の心地を思わせる。

〈天の川〉は、夜空を横切るように存在する雲状の光の帯で、それを川に見立てたもの。

どの季節でも見ることができるが、秋の姿が最も明るく美しい。

ちなみに、日本を含む東アジアでは、川に見立てられているが、西洋の言語では、ギリシャ神話において、英雄ヘラクレスが女神ヘラの乳首を吸った時にほとばしった乳と見立てられたことを継承し、「乳の道」と呼ぶ。例えば英語では「Milky Way」(ミルキー・ウェイ)、仏語では「Voie lactée」(ヴォワ・ラクテ)。地球に住む誰をも魅了する光の帯だ。

ピンポーン。

バスを降りると、空には〈天の川〉。地球上でも現実にもありそうで、「わー綺麗、夜行便にしてよかった」と言う声が聞こえてきそう。

それと同時に、このバスは、〈天の川〉行き宇宙バスだったんだ、とも思えてくる。

そして、この一句そのものが、読者の想像力を呼び起こし、読者を宇宙旅行に連れていってくれる乗り物であったことに気づくのだ。

『コイツァンの猫』(2009年)所載。

(月野ぽぽな)


🍀 🍀 🍀 季語「天の川」については、「セポクリ歳時記」もご覧ください。


【執筆者プロフィール】
月野ぽぽな(つきの・ぽぽな)
1965年長野県生まれ。1992年より米国ニューヨーク市在住。2004年金子兜太主宰「海程」入会、2008年から終刊まで同人。2018年「海原」創刊同人。「豆の木」「青い地球」「ふらっと」同人。星の島句会代表。現代俳句協会会員。2010年第28回現代俳句新人賞、2017年第63回角川俳句賞受賞。
月野ぽぽなフェイスブック:http://www.facebook.com/PoponaTsukino

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】…
  2. 百合のある方と狐のゐる方と 小山玄紀
  3. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  4. 土のこと水のこと聞き苗を買ふ 渡部有紀子【季語=苗を買ふ(春)】…
  5. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  6. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  7. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)…
  8. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】

おすすめ記事

  1. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  3. 【秋の季語】蛇穴に入る
  4. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  5. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】
  6. 【新年の季語】雑煮
  7. 小満の風や格言カレンダー 菅原雅人【季語=小満(夏)】
  8. 【夏の季語】蓮
  9. 虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實【季語=初句会(新年)】
  10. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】

Pickup記事

  1. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第5回】
  3. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  4. 【春の季語】啓蟄
  5. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】
  6. 【秋の季語】九月
  7. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞
  8. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  9. 【新年の季語】歌留多会
  10. 【冬の季語】枯野
PAGE TOP