ハイクノミカタ

老人がフランス映画に消えてゆく 石部明


老人がフランス映画に消えてゆく

石部明


アパートから歩いてすぐの場所に、靴の修理屋がある。ヘアサロンっぽい内装が外から丸見えで、出窓には修理ずみの靴が数足とエルヴィス・プレスリーのドーナツ盤が飾られ、壁には70代半ばになる店主のパネルがかかっている。サングラスをかけ、革ジャンに身をつつみ、長い銀髪をゆらしながら、ギターを抱えてポーズをとっているそのパネルは、きちんとしたスタジオでパックスクリーンを垂らして撮られたもので、老人にしか出せない色気がただよっている。

なかなかいい感じの店なので、出窓の写真を撮りたいなと思うのだけど、いまのところまだ一枚も撮っていない。理由は、店主が出窓の前で仕事をしているから。人にカメラを向けるわけにはいかない。

ところで今日アパートを出、ふと道の前方に目をやると、修理屋の正面の街路樹の根元に椅子を置いて、どっかと腰掛け、出窓の方を凝視している女性がいた。齢は80くらいだろうか。女性はブルーのタイトスカートに青い小花のついた白いブラウスを着て、年をとった森茉莉に似ている。一瞬、ご主人の昔の恋人かしらと思った。もしも恋人だとしたら、すごく面倒臭そうな話である。どきどきしながら道を歩き、女性の前までくると、彼女は画板を膝に置いて、真剣な顔で修理屋の内装をスケッチしていた。濃いピンクの色鉛筆で基本線をとっていて、そのままでも絵になっている。目があったときニコッと笑ってくれた。単純に店のようすを描きたくて描いているようだった。わかる。

  老人がフランス映画に消えてゆく    石部明

堺利彦監修『石部明の川柳と挑発』より。石部明は他界の感覚をベースに、そこから生を眺め返した句にはっとするものが多い。他界から眺め返された生は、奇妙にゆがみ、かなしみと寂寞にあふれる。掲句は、向こう側の世界として措定されたものが、いかにも他界のメタファーにありそうな言葉とかけ離れた「フランス映画」であるところが面白い。しかしながら、これほどサヨナラの香りが似合う句もないだろう。もちろん掲句にひびくサヨナラは、オ・ルヴォワール(また会う日まで)ではなくアデュー(神の御許で)だ。

小津夜景


【小津夜景のバックナンバー】
>>〔33〕足指に押さへ編む籠夏炉の辺     余村光世
>>〔32〕夕焼けに入っておいであたまから    妹尾凛
>>〔31〕おやすみ
>>〔30〕鳥を見るただそれだけの超曜日    川合大祐
>>〔29〕紀元前二〇二年の虞美人草      水津達大
>>〔28〕その朝も虹とハモンド・オルガンで   正岡豊
>>〔27〕退帆のディンギー跳ねぬ春の虹    根岸哲也
>>〔26〕タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子
>>〔25〕蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に     林雅樹
>>〔24〕止まり木に鳥の一日ヒヤシンス   津川絵理子
>>〔23〕行く春や鳥啼き魚の目は泪        芭蕉
>>〔22〕春雷や刻来り去り遠ざかり      星野立子
>>〔21〕絵葉書の消印は流氷の町       大串 章
>>〔20〕菜の花や月は東に日は西に      与謝蕪村
>>〔19〕あかさたなはまやらわをん梅ひらく  西原天気
>>〔18〕さざなみのかがやけるとき鳥の恋   北川美美
>>〔17〕おやすみ
>>〔16〕開墾のはじめは豚とひとつ鍋     依田勉三
>>〔15〕コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
>>〔14〕おやすみ
>>〔13〕幾千代も散るは美し明日は三越    攝津幸彦
>>〔12〕t t t ふいにさざめく子らや秋     鴇田智哉
>>〔11〕またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
>>〔10〕しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
>>〔9〕凩の会場へ行く燕尾服        中田美子
>>〔8〕アカコアオコクロコ共通海鼠語圏   佐山哲郎
>>〔7〕後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ     佐藤りえ
>>〔6〕COVID-19十一月の黒いくれよん   瀬戸正洋
>>〔5〕風へおんがくがことばがそして葬    夏木久
>>〔4〕たが魂ぞほたるともならで秋の風   横井也有
>>〔3〕渚にて金澤のこと菊のこと      田中裕明
>>〔2〕ポメラニアンすごい不倫の話きく   長嶋 有
>>〔1〕迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー   中嶋憲武


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】
  2. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  3. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】
  4. 秋灯机の上の幾山河 吉屋信子【季語=秋灯(秋)】
  5. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  6. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
  7. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】
  8. 目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生

おすすめ記事

  1. 【#33】台北市の迪化街
  2. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)
  3. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎
  5. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】
  6. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子
  8. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】
  9. 境内のぬかるみ神の発ちしあと 八染藍子【季語=神の旅(冬)】
  10. 【#32】『教養としての俳句』の本作り

Pickup記事

  1. 雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代【季語=雪(冬)】
  2. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  3. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】
  4. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 パン・デピス
  5. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第4回】
  6. 【春の季語】春の雪
  7. 【秋の季語】新蕎麦
  8. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  9. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】
  10. 【#16】秋の夜長の漢詩、古琴
PAGE TOP