ハイクノミカタ

どんぶりに顔を埋めて暮早し 飯田冬眞【季語=暮早し(冬)】


どんぶりに顔を埋めて暮早し

飯田冬眞


この世に丼物の数は多い。牛丼に始まり、親子丼、カツ丼、天丼、天津丼、鉄火丼…丼鉢によそったご飯におかずを乗せればたちまちナントカ丼になるので、数が多いというよりもその数は無限と言っていい。おかずの汁気が沁み込んだご飯の美味しさも丼物に人気の集まる理由だろう。定食屋なら必ず丼メニューの一つや二つは用意している。

丼専門店の代表格はやはり牛丼屋だと思うが、私が入ったのは記憶する限りでは大昔と中昔(?)の2回こっきり。この頃はテイクアウトもあるし、女性にも大きく門戸は開放されているようだけれど、どうにも敷居が高い。ご飯を食べながら本や雑誌を読もう、とか、今夜の句会の句を考えよう、などの魂胆は不埒とみなされそうだし、ましてや「コーヒーはお食事中か食後かどちらになさいますか。」と聞かれることもない。注文するやいなや電光石火の勢いで丼が目の前に置かれる。かっこむ。食べ終えたら即座に店を出る。牛丼屋にはオトコ飯の流儀がある。そう、丼物ではなく、「どんぶり飯」と呼ぶときそれは男のメシなのだ。

どんぶりに顔を埋めて暮早し

この句もそんな牛丼店だろうか。冬の夕方。昼食を食べ損ねたか、残業に備えるのか、単に猛烈に腹が減っているのか、何であれ、男が憑かれたように丼物を食らっている。「顔を埋めて」は比喩ではなく行為の率直な描写だが、力強さのよく伝わる表現だ。わしわしわしと飯を掘り進んでは口へ運ぶ箸の動きまでつぶさに見える。その勢いに操られるかのように日がどんどん暮れてくる。逆に、日の短さが食事を追い立てるかのようでもある。この意図せざる因果関係が諧謔的でありながらどこか切ない。

蛇足にはなるが、「どんぶり」の表記についても付け加えることにする。「丼」と漢字表記だと器そのものを表すように読める。丼鉢に水を張って顔でも洗っているのだろうか、と捉えられなくもない。換喩の効果が低いというべきか。一方、「どんぶり」と平仮名でたっぷり四字を費やすと、器の分厚さやそれを抱える手の大きさまで込みの「メシ食ってる」という臨場感が立ち上がる。

不器用で箸使いも自信がない私としてはこんな食べ方は夢のまた夢。せめて俳句の中で味わった気になるのだ。

『時効』 ふらんす堂 2015より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)…
  2. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】…
  3. 湖をこつんとのこし山眠る 松王かをり【季語=山眠る(冬)】 
  4. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  5. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 …
  6. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋…
  7. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  8. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】

おすすめ記事

  1. 水喧嘩恋のもつれも加はりて 相島虚吼【季語=水喧嘩(夏)】
  2. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】
  3. 【新年の季語】初句会
  4. 【冬の季語】実南天
  5. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月7日配信分】
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【20】/片山辰巳
  9. いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】
  10. 【冬の季語】寒

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第51回】大野田井蛙
  2. 【冬の季語】蒲団(布団)
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
  4. 【冬の季語】寒さ
  5. 秋櫻子の足あと【第4回】谷岡健彦
  6. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  7. 【冬の季語】風邪
  8. 【新年の季語】小豆粥
  9. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】
  10. 春林をわれ落涙のごとく出る 阿部青鞋【季語=春林(春)】
PAGE TOP