ハイクノミカタ

いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介【季語=いちじく(秋)】


いちじくはジャムにあなたは元カレに

塩見恵介

 ドラマ『こっち向いてよ向井くん』(日本テレビ系列)第6話のネタバレから今週の記事は始まります。もう第7話まで放送は終わっていますが念のため。

「俺たちつきあってるよね?」「違うと思う」というやりとりから「俺って美和子の何?」と問われた美和子が「元カ…レ」と答えて次週に続いた。このドラマは結婚すれば幸せになると思い込んでいる男性陣と結婚という制度に疑問を持つ女性陣とのやりとりが楽しい。作中の女性陣のきりっとしたコメントに毎週大きくうなずいている。

 元カレ、元カノという言葉は歴史が浅い。広辞苑には第七版にも収録されておらず、現状確認できるのは明鏡国語辞典のみである。彼、彼女に「元」をつけただけのものだが、アクセントが平板化されて別ものになった。それにはカタカナ表記が似つかわしい。

いちじくはジャムにあなたは元カレに

 同じ単語でも仮名遣いによって重量に差が出る。それは楽しいことだ。掲句はこれ以上ないくらい軽くなっている。唯一の漢字「元」をひらがなにしてしまうと意味が通じにくくなる。〈いちじくはジャムにあなたはもとカレに〉ではひらがななのにもたっとした印象になる。さらにカタカナを増やし〈いちじくはジャムにあなたはモトカレに〉では全く別物だ。最も重いパターンとして〈無花果はジャムに貴方は元彼に〉でも成立するがやはり「元彼」が重い。元カレがTシャツなら元彼は冬物のスーツほどの差がある。

 季語は「いちじく」で秋。生でも充分美味しくいただけるがジャムにしたり乾燥させたりするのもまた良し。生で食べずにジャムにする。その選択には何通りかの理由がありうるが、この場合はジャムが好きとかたくさんもらいすぎたといった理由ではなく「生で食べられるけどジャムにしてしまえ」という意図が感じられる。その解釈は「あなたは元カレに」がヒントとなっている。まだ付き合うことも出来るけどあなたのことはもう「元カレ」にするのよ、という選択。ジャムを作るように元カレを作り出してしまうその感覚は、言い渡される身にとっては一種のホラーともいえる。

 店頭に並ぶいちじくはなべて高額だ。丁寧に育てられたものなのだろう。しかし筆者には、幼いころそのあたりになっているものを大人がとってくれてその場で食べた記憶が生き生きと甦る。同じジャムにする果実でも苺や林檎にはそういう経験があまりない。その身近さ、軽さは元カレが彼だったころの存在感との差異を示している。

 最後にもうひとつ。「あなた」に引っ張られて作中主体を女性としてきたが、実際の作者は男性である。いちじくのジャムを作りながら「あなたは元カレ」と言われたと想定すると…。残暑の折、少しは涼んでいただけただろうか。

『隣の駅が見える駅』(2021年刊)所収。

吉田林檎


【執筆者プロフィール】
吉田林檎(よしだ・りんご)
昭和46年(1971)東京生まれ。平成20年(2008)に西村和子指導の「パラソル句会」に参加して俳句をはじめる。平成22年(2010)「知音」入会。平成25年(2013)「知音」同人、平成27年(2015)第3回星野立子賞新人賞受賞、平成28年(2016)第5回青炎賞(「知音」新人賞)を受賞。俳人協会会員。句集に『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)


【吉田林檎さんの句集『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)はこちら ↓】



【吉田林檎のバックナンバー】
>>〔63〕はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき
>>〔62〕寝室にねむりの匂ひ稲の花  鈴木光影
>>〔61〕おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思
>>〔60〕水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子
>>〔59〕腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治
>>〔58〕観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治
>>〔57〕ふところに四万六千日の風  深見けん二
>>〔56〕祭笛吹くとき男佳かりける   橋本多佳子
>>〔55〕昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美
>>〔54〕水中に風を起せる泉かな    小林貴子
>>〔53〕雷をおそれぬ者はおろかなり    良寛
>>〔52〕子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實
>>〔51〕紫陽花剪るなほ美しきものあらば剪る 津田清子
>>〔50〕青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ   河野南畦
>>〔49〕しばらくは箒目に蟻したがへり  本宮哲郎
>>〔48〕逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀
>>〔47〕春の言葉おぼえて体おもくなる  小田島渚
>>〔46〕つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子
>>〔45〕鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫
>>〔44〕まだ固き教科書めくる桜かな  黒澤麻生子
>>〔43〕後輩のデートに出会ふ四月馬鹿  杉原祐之
>>〔42〕春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一
>>〔41〕赤い椿白い椿と落ちにけり   河東碧梧桐
>>〔40〕結婚は夢の続きやひな祭り    夏目雅子
>>〔39〕ライターを囲ふ手のひら水温む  斉藤志歩
>>〔38〕薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋
>>〔37〕男衆の聲弾み雪囲ひ解く    入船亭扇辰
>>〔36〕春立つと拭ふ地球儀みづいろに  山口青邨
>>〔35〕あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎
>>〔34〕冬ざれや父の時計を巻き戻し   井越芳子
>>〔33〕皹といふいたさうな言葉かな   富安風生
>>〔32〕虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会  飴山實
>>〔31〕初島へ大つごもりの水脈を引く   星野椿
>>〔30〕禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ
>>〔29〕時雨るるや新幹線の長きかほ  津川絵理子
>>〔28〕冬ざれや石それぞれの面構へ   若井新一
>>〔27〕影ひとつくださいといふ雪女  恩田侑布子
>>〔26〕受賞者の一人マスクを外さざる  鶴岡加苗
>>〔25〕冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ  川崎展宏
>>〔24〕伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士
>>〔23〕菊人形たましひのなき匂かな   渡辺水巴
>>〔22〕つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠
>>〔21〕ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
>>〔20〕遅れ着く小さな駅や天の川    髙田正子
>>〔19〕秋淋し人の声音のサキソホン    杉本零
>>〔18〕颱風の去つて玄界灘の月   中村吉右衛門
>>〔17〕秋灯の街忘るまじ忘るらむ    髙柳克弘
>>〔16〕寝そべつてゐる分高し秋の空   若杉朋哉
>>〔15〕一燈を消し名月に対しけり      林翔
>>〔14〕向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一
>>〔13〕膝枕ちと汗ばみし残暑かな     桂米朝
>>〔12〕山頂に流星触れたのだろうか  清家由香里
>>〔11〕秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人

>>〔10〕卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
>>〔9〕なく声の大いなるかな汗疹の児  高濱虚子
>>〔8〕瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏    堀本裕樹
>>〔7〕してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二
>>〔6〕香水の一滴づつにかくも減る  山口波津女
>>〔5〕もち古りし夫婦の箸や冷奴  久保田万太郎
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太
  2. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】
  3. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
  4. 卒業歌ぴたりと止みて後は風 岩田由美【季語=卒業歌(春)】
  5. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  6. 蜃気楼博士ばかりが現れし 阪西敦子【季語=蜃気楼(春)】
  7. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  8. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】

おすすめ記事

  1. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  2. さくら餅たちまち人に戻りけり 渋川京子【季語=桜餅(春)】 
  3. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【2】/戸矢一斗(「銀漢」同人)
  5. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  7. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】
  8. 膝枕ちと汗ばみし残暑かな 桂米朝【季語=残暑(秋)】
  9. 【夏の季語】夏服/白服 麻服 サマードレス サンドレス 簡単服 あつぱつぱ 半ズボン ショートパンツ
  10. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】秋分
  2. 【冬の季語】冬川
  3. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】
  4. 初旅の富士より伊吹たのもしき 西村和子【季語=初旅(新年)】
  5. 肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  6. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  7. クローバーや後髪割る風となり 不破 博【季語=クローバー(春)】
  8. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】
  9. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬)】
  10. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】
PAGE TOP