ハイクノミカタ

結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】


結婚は夢の続きやひな祭り)

夏目雅子

桑田佳祐のベストアルバム『いつも何処かで』発売日の2022年11月23日、新聞広告に伊集院静による特別寄稿が載った。アルバムに収録された新曲『なぎさホテル』に寄せた「桑田佳祐さんへ」と題した文である。なぎさホテルは1926年に湘南唯一の洋式ホテルとしてオープン、多くの文化人に愛されたが昭和の終りを待たずに閉館となった。伊集院はそのなぎさホテルで暮らした7年余りの日々を著書『なぎさホテル』(2011年刊)に自伝的随想として綴っている。桑田はその存在を認識していたが読破したのは楽曲の完成後。にも関わらず響き合う要素が多く感銘を受け、伊集院に手紙をしたためた。そうした経緯があっての寄稿であった。

“当時、私は小説家を目指す不良青年で、女の子は女優を目指して懸命に生きていました。”

女の子とは後に妻となる夏目雅子のこと。なぎさホテルの若い2人はいずれも夢を叶えたのである。

場所にまつわる記憶は人間にとって最も優先度が高く刻まれる。どこが危険か、どこに行けば獲物がとれるか。原始時代、生きていく上で場所の重要度は高かった。「教科書のあの辺に書いてあったのに何と書いてあったか思い出せない」現象(名前ありますか?)は人類共通の重要度認識を証明している。

   結婚は夢の続きやひな祭り   海童

海童は夏目雅子の俳号。享年27の夭逝であった。この句は読み手の人生の局面によって、また作者を知っているかどうかによって見える世界が変わってくる。①自分が幸せで人の幸せも喜ぶ ②自分は幸せだが現実はそうでないと人の幸せを憐れむ ③自分が不幸で人の幸せを素直に喜べない ④自分は不幸だけど人の幸せに心温まる など。

「夢の続き」とは夢のような幸せのことなのか、皮肉なのか。「ひな祭り」なのだからここは素直に幸せを綴っていると鑑賞したい。ひな祭りと結婚はつきすぎと一蹴する人もいそうだが、それを言うあなたにはこれほど素直に目の前のことを寿げますか?と問いたい。日常の輝きが彼女の薄命まで彩っているのである。

「なぎさホテル」の歌詞は「夢見る頃に僕はひとり」と締めくくられる。ここでの「夢」は「回想」の言い換えに思われる。結婚を夢の続きと詠んだ海童。回想を夢と言い換えた桑田。二つの夢の狭間で伊集院は「もう2度と逢えないと思っていた人に再会させてくれて(中略)感謝しています」と夢の時間を取り戻している。

夢は現在のものか、過去のものか。海童には未来へつながるのが夢だったに違いない。

『優日雅 夏目雅子 ふたたび』より。

吉田林檎


【執筆者プロフィール】
吉田林檎(よしだ・りんご)
昭和46年(1971)東京生まれ。平成20年(2008)に西村和子指導の「パラソル句会」に参加して俳句をはじめる。平成22年(2010)「知音」入会。平成25年(2013)「知音」同人、平成27年(2015)第3回星野立子賞新人賞受賞、平成28年(2016)第5回青炎賞(「知音」新人賞)を受賞。俳人協会会員。句集に『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)


『優日雅~夏目雅子ふたたび』(実業之日本社、2004年)はこちら ↓】

伊集院静『なぎさホテル』(小学館、2011年)はこちら↓】

【吉田林檎さんの句集『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)はこちら ↓】



【吉田林檎のバックナンバー】

>>〔39〕ライターを囲ふ手のひら水温む  斉藤志歩
>>〔38〕薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋
>>〔37〕男衆の聲弾み雪囲ひ解く    入船亭扇辰
>>〔36〕春立つと拭ふ地球儀みづいろに  山口青邨
>>〔35〕あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎
>>〔34〕冬ざれや父の時計を巻き戻し   井越芳子
>>〔33〕皹といふいたさうな言葉かな   富安風生
>>〔32〕虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会  飴山實
>>〔31〕初島へ大つごもりの水脈を引く   星野椿
>>〔30〕禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ
>>〔29〕時雨るるや新幹線の長きかほ  津川絵理子
>>〔28〕冬ざれや石それぞれの面構へ   若井新一
>>〔27〕影ひとつくださいといふ雪女  恩田侑布子
>>〔26〕受賞者の一人マスクを外さざる  鶴岡加苗
>>〔25〕冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ  川崎展宏
>>〔24〕伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士
>>〔23〕菊人形たましひのなき匂かな   渡辺水巴
>>〔22〕つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠
>>〔21〕ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
>>〔20〕遅れ着く小さな駅や天の川    髙田正子
>>〔19〕秋淋し人の声音のサキソホン    杉本零
>>〔18〕颱風の去つて玄界灘の月   中村吉右衛門
>>〔17〕秋灯の街忘るまじ忘るらむ    髙柳克弘
>>〔16〕寝そべつてゐる分高し秋の空   若杉朋哉
>>〔15〕一燈を消し名月に対しけり      林翔
>>〔14〕向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一
>>〔13〕膝枕ちと汗ばみし残暑かな     桂米朝
>>〔12〕山頂に流星触れたのだろうか  清家由香里
>>〔11〕秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人

>>〔10〕卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
>>〔9〕なく声の大いなるかな汗疹の児  高濱虚子
>>〔8〕瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏    堀本裕樹
>>〔7〕してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二
>>〔6〕香水の一滴づつにかくも減る  山口波津女
>>〔5〕もち古りし夫婦の箸や冷奴  久保田万太郎
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 鵙の朝肋あはれにかき抱く 石田波郷【季語=鵙(秋)】
  2. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  3. 遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子【無季】
  4. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
  5. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
  6. 冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石【季語=冴返る(春)】
  7. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)…
  8. 蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ 飯島晴子【季語=蜷(春)】

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春菊
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔
  3. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
  4. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】
  5. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
  7. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)
  8. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  9. 「体育+俳句」【第2回】西山ゆりこ+ダンス
  10. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘とおる

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬麗
  2. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋)】
  3. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  4. 【春の季語】椿
  5. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】
  6. 【秋の季語】末枯
  7. 【冬の季語】寒い
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(9)/干場達矢さん
  9. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
  10. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】
PAGE TOP