ハイクノミカタ

薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】


薔薇の芽や温めておくティーカップ)

大西朋

 道具は長い年月を経ると精霊が宿るという。「付喪神(つくもがみ)」と呼ばれたりするその精霊を宿すには長い年月だけではなくそれを使い続けることも条件に含まれるのではないだろうか。

 ここで先祖代々、あるいは物心ついた時から使い続けている道具を紹介したいところだが、筆者はそういったものを持ち合わせていない。長い年月とはいえないが一番精霊の宿っていそうだったのは大学受験の時に使った英和辞典だが、やむを得ない事情で処分することになった。それ以来、良くも悪くも物に執着することができなくなった。むしろ執着しないことに執着するようになったかもしれない。

 道具を大事に使う人のことは尊敬してやまない。料理人が包丁を研ぐ姿や演奏家がチューニングで出す音は魂を響かせるほどの魅力がある。筆者が持つなかでこれから精霊の宿りそうな道具としては浅草「かね惣」で購入した愛用のペティナイフがある。まるごと一個の西瓜以外のものはたいていこの1本でやりくり出来る。お店で毎年研いでもらうことで新品のような切れ味が続いていて料理が楽しい。しかしよく考えたら自ら砥石で研がないと精霊は宿らない?自動車を乱暴に扱うと故障したり、愛情を持って手入れをすると長持ちしたりするという話も好きだ。

   薔薇の芽や温めておくティーカップ

 薔薇が芽ぐむ頃の来客。あるいは窓から見える薔薇の芽。紅茶を楽しむためにティーカップを温めておくのは基本ではあるが、美味しく淹れるための心づくしのもてなしとして味わいたい。一人の時間を楽しむための準備と考えても良い。自分へのもてなしだ。「温めておく」とわざわざ言う点に何かしらの歓迎の心を感じるのである。ティーカップに焦点を絞ることでこれからカップを満たす紅茶への想像が無限に広がる。紅茶がたてる湯気は薔薇の開花にも通じる。

 というストレートな読みもあるが、筆者にはティーカップに精霊が宿っているように思われた。ティーカップを温めると薔薇の花が開くような幻影。実写アニメーション映画のようである。そんなイメージが広がるのは薔薇の芽の効果だ。そうなってくると「温めておく」にも愛情のエッセンスが加わり、薔薇と響き合う。芽が開くまで大地に水をやるようにティーカップを温めておくのである。風が吹けば桶屋が儲かるように、ティーカップが温まると薔薇の芽がふくらむのだ。

 取り合わせの見本のような句である。ちなみに筆者は「取り合わせ」という言葉から入るアプローチがあまり好きではない。掲句にはそんな作為が感じられなくて心地よい。

『片白草』(2017年刊)所収。

吉田林檎


【執筆者プロフィール】
吉田林檎(よしだ・りんご)
昭和46年(1971)東京生まれ。平成20年(2008)に西村和子指導の「パラソル句会」に参加して俳句をはじめる。平成22年(2010)「知音」入会。平成25年(2013)「知音」同人、平成27年(2015)第3回星野立子賞新人賞受賞、平成28年(2016)第5回青炎賞(「知音」新人賞)を受賞。俳人協会会員。句集に『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)


大西朋さんの句集『片白草』(ふらんす堂、2017年)はこちら ↓】

【吉田林檎さんの句集『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)はこちら ↓】



【吉田林檎のバックナンバー】

>>〔37〕男衆の聲弾み雪囲ひ解く    入船亭扇辰
>>〔36〕春立つと拭ふ地球儀みづいろに  山口青邨
>>〔35〕あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎
>>〔34〕冬ざれや父の時計を巻き戻し   井越芳子
>>〔33〕皹といふいたさうな言葉かな   富安風生
>>〔32〕虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会  飴山實
>>〔31〕初島へ大つごもりの水脈を引く   星野椿
>>〔30〕禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ
>>〔29〕時雨るるや新幹線の長きかほ  津川絵理子
>>〔28〕冬ざれや石それぞれの面構へ   若井新一
>>〔27〕影ひとつくださいといふ雪女  恩田侑布子
>>〔26〕受賞者の一人マスクを外さざる  鶴岡加苗
>>〔25〕冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ  川崎展宏
>>〔24〕伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士
>>〔23〕菊人形たましひのなき匂かな   渡辺水巴
>>〔22〕つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠
>>〔21〕ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
>>〔20〕遅れ着く小さな駅や天の川    髙田正子
>>〔19〕秋淋し人の声音のサキソホン    杉本零
>>〔18〕颱風の去つて玄界灘の月   中村吉右衛門
>>〔17〕秋灯の街忘るまじ忘るらむ    髙柳克弘
>>〔16〕寝そべつてゐる分高し秋の空   若杉朋哉
>>〔15〕一燈を消し名月に対しけり      林翔
>>〔14〕向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一
>>〔13〕膝枕ちと汗ばみし残暑かな     桂米朝
>>〔12〕山頂に流星触れたのだろうか  清家由香里
>>〔11〕秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人

>>〔10〕卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
>>〔9〕なく声の大いなるかな汗疹の児  高濱虚子
>>〔8〕瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏    堀本裕樹
>>〔7〕してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二
>>〔6〕香水の一滴づつにかくも減る  山口波津女
>>〔5〕もち古りし夫婦の箸や冷奴  久保田万太郎
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】
  2. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)…
  3. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  4. ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
  5. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  6. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 
  7. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】
  8. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】

おすすめ記事

  1. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】
  2. 【新年の季語】人日
  3. 彫り了へし墓抱き起す猫柳 久保田哲子【季語=猫柳(春)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  5. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  6. 【冬の季語】白息
  7. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#3】
  8. 【春の季語】鳥の妻恋
  9. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】
  10. こんな本が出た【2021年6月刊行分】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】日向ぼっこ
  2. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】
  4. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】
  5. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  6. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】
  7. 本州の最北端の氷旗 飯島晴子【季語=氷旗(夏)】
  8. 琅玕や一月沼の横たはり 石田波郷【季語=一月(冬)】
  9. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  10. 【冬の季語】納豆
PAGE TOP