ハイクノミカタ

金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】


金閣をにらむ裸の翁かな

大木あまり


連日30℃超えと暑さが厳しい。このコーナーであづあづ言っているのは阪西敦子さんと私だけのような気がするのだが、もしかして水瓶座は夏負けしやすいのか、いや暑さを出汁にしてビールを飲みたいだけなのか(こっちが正解、多分)。

せめて俳句で涼を取ろうかと幾冊かの句集を繰り、いい風に吹かれたり、手足を水に浸したりしたのだけれど、思い直した。暑さは暑い句で征すべし。真夏の激辛カレー戦法である。

それに、来週は立秋。私の夏の出番も今日までならば飛びっきり暑い句を読もうじゃないの。

という訳で、

  金閣をにらむ裸の翁かな

句の孕む熱気によろけそうになる。勢いよく押し寄せるのではなく、じりじりと持久戦に持ち込むような熱だ。

金閣寺。その名の通り全面金箔張りの絢爛たる外観は拝観者を驚愕させる。夏の盛りの京都を訪れたことのある人ならば誰でも盆地特有の暑さに辟易したことがあるだろう。まさに溽暑である。真夏の日差しが照りつける金閣を想像するだけでもこちらの身が溶け出しかねない。なのに、この裸の老人ときたら、溶けるどころか仁王立ちして燦然と輝く舎利殿をねめつけているのだ。裸と言っても上半身の着衣を剥いだ所謂肌脱ぎなのでしょう。金閣が象徴する富や権力に挑むなら纏っているものをかなぐり捨てるほかない。何者も寄せ付けない一対一の、誰の為でもない炎天下の決斗。

便宜上「老人」と書いたが、「翁」の一字が句に緊張感をもたらしているのは言うまでもない。これを「お爺さん」と言い換えようものなら途端に三流以下の句になってしまう。

いや、それはそれで嫌いではないのだけれど。何の因縁か、永年金閣と渡り合い年齢を重ねてきたと思われる男への敬意が作者に「翁」という言葉を選ばせたのだろう。そして、俳句というタブローに焼き付けられた二者の戦いの勝敗は永遠につかないのである。

ああ、暑い。

(小林恭二『俳句という愉しみ』岩波新書より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


【太田うさぎのバックナンバー】
>>〔43〕暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる    佐藤鬼房
>>〔42〕何故逃げる儂の箸より冷奴     豊田すずめ
>>〔41〕ひそひそと四万六千日の猫      菊田一平
>>〔40〕香水や時折キッとなる婦人      京極杞陽
>>〔39〕せんそうのもうもどれない蟬の穴   豊里友行
>>〔38〕父の日やある決意してタイ結ぶ    清水凡亭
>>〔37〕じゆてーむと呟いてゐる鯰かな    仙田洋子
>>〔36〕蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり    日原傳
>>〔35〕好きな樹の下を通ひて五月果つ    岡崎るり子
>>〔34〕多国籍香水六時六本木        佐川盟子
>>〔33〕吸呑の中の新茶の色なりし       梅田津
>>〔32〕黄金週間屋上に鳥居ひとつ     松本てふこ
>>〔31〕若葉してうるさいッ玄米パン屋さん  三橋鷹女
>>〔30〕江の島の賑やかな日の仔猫かな   遠藤由樹子
>>〔29〕竹秋や男と女畳拭く         飯島晴子
>>〔28〕鶯や製茶会社のホツチキス      渡邊白泉
>>〔27〕春林をわれ落涙のごとく出る     阿部青鞋
>>〔26〕春は曙そろそろ帰つてくれないか   櫂未知子
>>〔25〕漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に    関根誠子
>>〔24〕飯蛸に昼の花火がぽんぽんと     大野朱香
>>〔23〕復興の遅れの更地春疾風       菊田島椿
>>〔22〕花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ  星野麥丘人
>>〔21〕あしかびの沖に御堂の潤み立つ   しなだしん

>>〔20〕二ン月や鼻より口に音抜けて     桑原三郎
>>〔19〕パンクスに両親のゐる春炬燵    五十嵐筝曲
>>〔18〕温室の空がきれいに区切らるる    飯田 晴
>>〔17〕枯野から信長の弾くピアノかな    手嶋崖元
>>〔16〕宝くじ熊が二階に来る確率      岡野泰輔
>>〔15〕悲しみもありて松過ぎゆくままに   星野立子
>>〔14〕初春の船に届ける祝酒        中西夕紀
>>〔13〕霜柱ひとはぎくしやくしたるもの  山田真砂年
>>〔12〕着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる  吉田穂津
>>〔11〕蓮ほどの枯れぶりなくて男われ   能村登四郎
>>〔10〕略図よく書けて忘年会だより    能村登四郎
>>〔9〕暖房や絵本の熊は家に住み       川島葵 
>>〔8〕冬の鷺一歩の水輪つくりけり     好井由江
>>〔7〕どんぶりに顔を埋めて暮早し     飯田冬眞
>>〔6〕革靴の光の揃ふ今朝の冬      津川絵里子
>>〔5〕新蕎麦や狐狗狸さんを招きては    藤原月彦
>>〔4〕女房の化粧の音に秋澄めり      戸松九里
>>〔3〕ワイシャツに付けり蝗の分泌液    茨木和生
>>〔2〕秋蝶の転校生のやうに来し      大牧 広
>>〔1〕長き夜の四人が実にいい手つき    佐山哲郎


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  2. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)…
  3. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫
  4. 鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫【季語=亀鳴く(春)】…
  5. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】
  6. 杉の花はるばる飛べり杉のため 山田みづえ【季語=杉の花(春)】
  7. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(…
  8. 男はよろめき/星空はぐるぐる… ゼノ・ビアヌ 

おすすめ記事

  1. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
  2. 【冬の季語】鴨
  3. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  4. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
  5. 【春の季語】雲雀
  6. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
  7. 【冬の季語】冬野
  8. 蝌蚪乱れ一大交響楽おこる 野見山朱鳥【季語=蝌蚪(春)】
  9. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  10. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】

Pickup記事

  1. 秋櫻子の足あと【第1回】谷岡健彦
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  3. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?】
  4. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】
  5. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  6. 【冬の季語】数え日
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第114回】中村かりん
  8. 【春の季語】黄水仙
  9. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【前編】
  10. 或るときのたつた一つの干葡萄 阿部青鞋
PAGE TOP