ハイクノミカタ

暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】


暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる

佐藤鬼房


梅雨明けこのかた連日の猛暑ですっかり音を上げている。日中もうだっているけれど、夜もしんどい。それでなくても当方若くはないのである。睡眠力も弱りつつあるのである。ましてやこの熱帯夜、冷房をかけていても蒸し暑さに夜中に何度も寝返りを打っては目を覚ます。そして明け方、ようやく心地よく寝ついた頃、部屋に入り込んだ猫が「にやーん!」と薄明を破る鳴き声と共に寝台に飛び乗るやドカドカ私の体を喉元まで踏みしだく。時計を見れば4:30AM…悪魔かお前は。このところ毎朝がこの調子なのだ。

へたりきって泳ぐ目に掲句が飛び込んで来た。鬼房が悪魔を見ている。

「顎を外す」は大笑いをする意味の慣用表現だから、熱帯夜の寝苦しさを闇に潜む悪魔の哄笑に喩えた句なのだろうか。確かに真夏の眠れなさときたら悪魔に操られていると思えなくもない。ところで、悪魔の笑いといえば人間の愚行を嘲笑するものと凡そ相場は決まっている。開会寸前まで問題噴出で揉めに揉めている五輪、大会関係者が「呪われている」と呟いたそうだけれど、嗤われていると言った方が相応しい。朝令暮改に右顧左眄の様はさぞや悪魔の笑いの壺に嵌まったに違いない。愉快が極まって顎が外れもするだろう。

つい日頃の睡眠不足につられた読み方をしてしまったけれど、頭を振ってもう一度考えてみると、これは夏の真闇を感覚的に捉えた句なのかもしれない。ある夏、街灯も家灯りもない田舎の道で人にはぐれたことがある。鬱蒼と葉を茂らせた木立の奥は深さの測れない暗さだった。顎関節が外れた悪魔の口を想像したらあの闇を思い出した。

いやいやいや、それとも、余りの暑さに参った悪魔が顎を外しているのだとしたら。そんな涼み方があるのかどうか分からないけれど、悪魔のすることだもの。でも、だとしたら、些か親しみが湧く。鬼房だって悪魔と敵対するのではなく、自らの内に抱き込もうとしていたのかもしれないのだし。

(『愛痛きまで』 邑書林 2001年より)

太田うさぎ

*句集では「魔」は異体字が使われていますが、このページでは出力できないため、「魔」の字体を使用しています。ご了承ください。(管理人)


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


【太田うさぎのバックナンバー】
>>〔42〕何故逃げる儂の箸より冷奴     豊田すずめ
>>〔41〕ひそひそと四万六千日の猫      菊田一平
>>〔40〕香水や時折キッとなる婦人      京極杞陽
>>〔39〕せんそうのもうもどれない蟬の穴   豊里友行
>>〔38〕父の日やある決意してタイ結ぶ    清水凡亭
>>〔37〕じゆてーむと呟いてゐる鯰かな    仙田洋子
>>〔36〕蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり    日原傳
>>〔35〕好きな樹の下を通ひて五月果つ    岡崎るり子
>>〔34〕多国籍香水六時六本木        佐川盟子
>>〔33〕吸呑の中の新茶の色なりし       梅田津
>>〔32〕黄金週間屋上に鳥居ひとつ     松本てふこ
>>〔31〕若葉してうるさいッ玄米パン屋さん  三橋鷹女
>>〔30〕江の島の賑やかな日の仔猫かな   遠藤由樹子
>>〔29〕竹秋や男と女畳拭く         飯島晴子
>>〔28〕鶯や製茶会社のホツチキス      渡邊白泉
>>〔27〕春林をわれ落涙のごとく出る     阿部青鞋
>>〔26〕春は曙そろそろ帰つてくれないか   櫂未知子
>>〔25〕漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に    関根誠子
>>〔24〕飯蛸に昼の花火がぽんぽんと     大野朱香
>>〔23〕復興の遅れの更地春疾風       菊田島椿
>>〔22〕花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ  星野麥丘人
>>〔21〕あしかびの沖に御堂の潤み立つ   しなだしん

>>〔20〕二ン月や鼻より口に音抜けて     桑原三郎
>>〔19〕パンクスに両親のゐる春炬燵    五十嵐筝曲
>>〔18〕温室の空がきれいに区切らるる    飯田 晴
>>〔17〕枯野から信長の弾くピアノかな    手嶋崖元
>>〔16〕宝くじ熊が二階に来る確率      岡野泰輔
>>〔15〕悲しみもありて松過ぎゆくままに   星野立子
>>〔14〕初春の船に届ける祝酒        中西夕紀
>>〔13〕霜柱ひとはぎくしやくしたるもの  山田真砂年
>>〔12〕着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる  吉田穂津
>>〔11〕蓮ほどの枯れぶりなくて男われ   能村登四郎
>>〔10〕略図よく書けて忘年会だより    能村登四郎
>>〔9〕暖房や絵本の熊は家に住み       川島葵 
>>〔8〕冬の鷺一歩の水輪つくりけり     好井由江
>>〔7〕どんぶりに顔を埋めて暮早し     飯田冬眞
>>〔6〕革靴の光の揃ふ今朝の冬      津川絵里子
>>〔5〕新蕎麦や狐狗狸さんを招きては    藤原月彦
>>〔4〕女房の化粧の音に秋澄めり      戸松九里
>>〔3〕ワイシャツに付けり蝗の分泌液    茨木和生
>>〔2〕秋蝶の転校生のやうに来し      大牧 広
>>〔1〕長き夜の四人が実にいい手つき    佐山哲郎


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  2. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)…
  3. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  4. 百代の過客しんがりに猫の子も 加藤楸邨【季語=猫の子(春)】
  5. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  6. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  7. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  8. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第3回】青柳飛
  2. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」
  3. 新蕎麦のそば湯を棒のごとく注ぎ 鷹羽狩行【季語=新蕎麦(秋)】
  4. 【新年の季語】なまはげ
  5. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘とおる
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月16日配信分】
  7. 【春の季語】霞
  8. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】
  9. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  10. ハフハフと泳ぎだす蛭ぼく音痴 池禎章【季語=蛭(夏)】

Pickup記事

  1. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)】
  2. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】
  3. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  4. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】
  5. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年3月分】
  7. 先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二【季語=虚子忌(春)】
  8. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】
  9. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第68回】堀田季何
PAGE TOP