ハイクノミカタ

初春の船に届ける祝酒 中西夕紀【季語=初春(新年)】


初春の船に届ける祝酒

中西夕紀


新年いかがお過ごしでしょうか。

今年は二日三日が土日と重なっているため、四日が仕事始めの筆者は正月休みが短くてなんだか損をした気分。でも、新年早々後ろ向きな言葉を口にすると福の神にそっぽを向かれかねないので、慌てて前言を飲み込み2021年最初の土曜日の俳句の紹介と参ります。

初春の船に届ける祝酒  中西夕紀

実に晴れやか。技巧を凝らさない詠みぶりの大らかさも正月らしく目出度き一句だ。

日用品を積み込むなどして間近い出港に備える船に酒が届く。漁業には平日も祝日もない。元旦を陸で過ごしても、三が日の明ける前に再び漁に出ることもあるに違いない。

句意は自ずと明らかだが「届ける」に注目してみよう。見知らぬ寄港地で買った酒を酒屋に届けさせているわけではない。勿論そのような読みも可能だが、大方の人は届ける側と受け取る側の間に親密な人間関係が存在していることを直感する筈だ。親戚や地元の仲間だろうか。遠洋漁業ならばいったん港を出たら暫く戻って来られない。

「じゃあな、気をつけて行ってこいよ。」

「おう、帰ったら連絡するよ。また飲もうな。」

そんな短い会話が交わされる一コマを想像する。そうして渡される祝酒は豊漁と航海の安全、そして無事の帰還を待つ者からのエールだ。

もう一つ分かるのは、作者が送り出す側の立場から詠んでいることだ。中七の部分を「船に届きし」としてもシーン自体は変わらない。がそれでは焦点が酒になってしまう。「届ける」に自発的な意志を見るからこそ、私たちは作者と港に立ち、新たな航海に出て行く漁師たちを寿ぎながら見送るのだろう。

句の本意からは外れるけれど、今日はたまたま二日。ちょっと強引だけれど、「初春の船」と言えば宝船ではありませんか。七福神に美酒をお届けすればとっておきの初夢を見させてくれるかも⁇

戯言はともかく、2021年という船は碇を上げ、大海原へ漕ぎ出した。

Bon Voyage!

(『くれなゐ』本阿弥書店 2020年より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄【季語=西鶴忌(秋)】
  2. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】
  3. 忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介【季語=忘年会(冬)】
  4. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(…
  5. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】
  6. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  7. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  8. 頭を垂れて汗の男ら堂に満つ 高山れおな【季語=汗(夏)】

おすすめ記事

  1. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  
  2. 【春の季語】二月尽
  3. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
  4. 【夏の季語】金魚
  5. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  6. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  7. うつとりと人見る奈良の鹿子哉 正岡子規【季語=鹿子(夏)】
  8. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】
  9. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  10. ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】

Pickup記事

  1. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  2. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】
  3. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】
  4. 【第8回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:青木亮人さん)【前編】
  5. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  6. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】
  7. 【冬の季語】愛日
  8. 宝くじ熊が二階に来る確率 岡野泰輔【季語=熊(冬)】
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  10. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
PAGE TOP