堀切克洋の「パリ子育て俳句さんぽ」【ラジオ】

「パリ子育て俳句さんぽ」【1月1日配信分】

あけましておめでとうございます。

セクト・ポクリット管理人の堀切です。

アートラジオ〈浮かぶカフェ〉は、毎週金曜日夜8時配信。

本日よりシーズン3となって元日から浮かんでおります。

あれ? 気づかれました?

今回から浮かぶカフェの「ロゴ」ができたみたいです。おそらく店主特製。「か」のあたりがとくに浮かんでいるように見えます。

Youtube(下記リンク)でも聴くことができますし、その他、Podcast、Anchor、Spotifyなどでも視聴できます。

聞き返してみると冒頭、「傷つきやすさ」というところで「傷付けやすさ」と言っちゃっていますね。しかも複数回。今年も抱負は、なるべくクリアーにおしゃべりをすること、ですかね。

大掃除もせず、年賀状もなく、おせちもつくらず…というシームレスな「年越し」であると番組中では言っていたのですが、元日の午後は家族でトランプやらボードゲームをやりながら、「おせちらしきもの」はつくってみることに、急遽しました。

まあ、ただ重箱に入っているだけなので、中身はぜんぜん「おせち」ではないのですが。焼きジャケ、烏賊とベビーズッキーニのパセリ醤油炒め、餅とチーズ(ミモレット)のピンチョス、餅と鴨のマグレのピンチョス、プロヴァンス風オリーブ、グジェール、ふつうの煮物、バーベキュー風牛串焼き、てな感じで。

飲み物はイタリア食材店で買ったスプマンテ! これがシャンパーニュのように気取ってなくて、明るくて、美味!

というわけで、世界的には問題山積ですが、悩みごとがあっても、あまり悩まないように、あまり深く考えずに楽しくやっていこうと思います。

仕事のアウトプットも少しずつできる一年間になればいいな、と。

今年もよろしくお願いします。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  4. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田…
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第50回】望月周
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3

おすすめ記事

  1. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】
  2. 【春の季語】旧正月
  3. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第20回】遠賀川と野見山朱鳥
  5. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(春)】
  6. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  7. 【春の季語】雁帰る
  8. 「けふの難読俳句」【第5回】「蹇」
  9. 杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼【季語=枯野(冬)】
  10. 【春の季語】日永

Pickup記事

  1. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  2. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  3. 【夏の季語】梅雨
  4. おそろしき一直線の彼方かな 畠山弘
  5. だんだんと暮色の味となるビール 松本てふこ【季語=ビール(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第6回】天野小石
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第13回】
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【16】/寺澤佐和子(「磁石」同人)
  9. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  10. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
PAGE TOP