コンゲツノハイク【各誌の推薦句】

【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年6月分】


毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出するコーナーです。このページの句のなかから、推しの一句を選んでご鑑賞いただく読者参加型コーナー「コンゲツノハイクを読む」、6月20日締切です。どなたでもご参加いただけますので、詳しくはリンク先をどうぞ。来月分のコンゲツノハイク(6月30日締切)については、こちらのフォームからご投稿ください


コンゲツノハイク 2023年6月
(2023年5月刊行分)

今月の参加結社(30)=「秋草」「いには」「稲」「伊吹嶺」「炎環」「円虹」「火星」「かつらぎ」「銀化」「銀漢」「雲の峰」「櫟」「澤」「磁石」「秋麗」「青山」「鷹」「たかんな」「橘」「田」「天穹」「南風」「濃美」「ふよう」「ホトトギス」「街」「松の花」「森の座」「雪華」「楽園」


「秋草」(主宰=山口昭男)【2010年創刊・兵庫県神戸市】
<2023年6月号(通巻162号)>
苗代にいつもの時間いつもの人 山口昭男
茹卵むいて桜を守りにけり 渡辺一二三
一礼に僧のまじれり種選 松田晴貴
涅槃会の烏がしんとしてをりぬ 高橋真美
螺子穴に螺子あそびだす豆の花 常原拓
亀鳴いて無宗教なる男かな 小鳥遊五月
火少しけむりに遅れ毛虫焼く 舘野まひろ


「いには」(主宰=村上喜代子)【2005年創刊・千葉県八千代市】
<2023年5月号(通巻177号)>
一生の厄の数ほど飛花落花 村上喜代子
蔵書には夫の歳月霾ぐもり 木下洋子
木の芽和母の味にはどこかまだ 横田尚美
朧なるホーム私を置き去りに 田中麻衣
はくれんの白増す一点の錆に 滝口滋子


「稲」(主宰=山田真砂年まさとし【2021年1月創刊】
<2023年5月号(通巻16号)>
囀りや耳の大きな子が生まれ  上田信隆
人上手くよけられぬ日や涅槃西風   飛田小馬々
遊具みなどこか錆をり木守柿   伊藤 翠
フィレンツェに買ひし手袋空の色   張本弘子
書込みの多き古本春の月   久保千恵子
春雷やすこし派手目の傘で出る   小見戸 実
キラキラな名前が並ぶ書初展   相澤美佐子


「伊吹嶺」(主宰=河原地英武)【1998年1月創刊・愛知県名古屋市】
<2023年5月号(通巻299号)>
割れやすきマイクの声や目借時 河原地英武
妻に切る一番咲きのチューリップ 栗田やすし
音狂ひたるウクレレや木の芽時 渡辺慢房
啓蟄や真二つに開く旅鞄 山田万里子
出番待つ地下アイドルの着膨れて 加藤剛司
雛流す舞妓袂を濡らしけり 武田稜子
仏壇に二つ供ふる寒卵 杉浦ゆき子


「炎環」(主宰=石寒太)【1989年創刊・埼玉県志木市】
<2023年5月号(通巻515号)>
春や春AI俳人一茶君 石寒太
謎解きのスタンプラリー梅の花 中村朔
老人を探すビラ古り霾ぐもり 河内協子
大きな家の大きな影の冬すみれ 関根誠子
弁当箱替へし工場長の春 岸ゆうこ
いのち短し人間も風花も 添田勝夫
すみれ草先に逝かれてしまひけり 丑山霞外


「円虹」(主宰=山田佳乃)【1995年創刊・兵庫県神戸市】
<令和5年6月号342号>
末黒野の果て大淀の水明かり  田中祥子
野遊や老いても母と娘どち  小林志乃
よもぎ餅吉備野の色をなつかしむ  木村恵子
あかときのあれは椿の落つる音  生嶋わこ
小さき手に覚えし数の土筆かな  永瀬千惠子
閑かなる瀬戸の残照鳥雲に  松田美智子
受験票鉛筆五本大試験  山本依子


「火星」(主宰=山尾玉藻)【1936年創刊・大阪府大阪市】
<2023年5月号(通巻1000号)>
清明の大空仰ぐものわすれ 山尾玉藻
一すぢの水脈開きゆく山の春 坂口夫佐子
積雪の無音の町を列車の灯 蘭定かず子
頬杖のはつたと炬燵出でひとり 湯谷良
永き日や眉墨ひかず古ぼけて 山田美惠子
篳篥に脚をたためる春の鹿 林範昭
ボルダリングの壁の被さる余寒かな 藤田素子


「かつらぎ」(主宰=森田純一郎)【1929年創刊・兵庫県宝塚市】
<2023年5月号(通巻1121号)>
バカラック弔ふ春の雨となる 森田純一郎
もうひとたび吹雪く花見て去なんかな 平田冬か
おぼろ夜の後ろから来る影法師 村手圭子
春愁や言の葉の棘まだ抜けず 清水洋子
暗渠へと門前町の雪解水 福賴聡子
冬牡丹男結びの被せ藁に 本多悠天
ことさらに外股歩き追儺鬼 吉川やよい



銀漢(ぎんかん)」(主宰=伊藤伊那男(いなお)【2011年創刊・東京都千代田区】
<2023年6月号(通巻148号)>
竜天に登る鱗を散華とし 伊藤伊那男
何かしら失せし気のする雛納め  長谷川千何子
貝寄風や灘より出でし下り酒   塚本一夫
けふの酒治聾酒と言ひ許さるる  北川京子
針供養足踏みミシン今も尚  田中道
涅槃会の雨や歎きを流すほど  渡辺花穂
三寒の小路四温の大通り  白井飛露


「銀化」(主宰=中原道夫)【1998年創刊・東京都港区】
<2023年6月号(通巻297号)>
春ショール風をデザインしたといふ 中塚健太
存うて修二会の火の粉浴びてをり 平石和美
仰向けに置けば寄居虫顔を出す 利根川博
白魚の目に酢醤油の沁みてをり 恩田富太
誤植てふ神の悪戯初桜 栗山麻衣
散る花の入り口となるカーブミラー 渡辺悦古
日に干して日影もまざる白子干 三田いづみ


「雲の峰」(主宰=朝妻力)【1989年創刊・2001年結社化・大阪府茨木市】
<2023年5月号(通算383号)>
のんどりと海の県道てふフェリー   酒井多加子
錆兆す薬研に春の塵少し   原  茂美
花冷や寺に伝はる三行半   冨士原康子
諸子焼く熾火の勢宥めつつ   伊藤 月江
陵を左右に古道の青き踏む   松本すみえ
仏飯に足らふほどなる土筆摘む   浅川 悦子
天も地もどこかが緩み二月尽く   田中 幸子


「櫟」(主宰=江崎紀和子)【1993年創刊・愛媛県東温市】
<2023年5月号(通巻356号)>
涅槃図絵啼きごゑたてぬへびのゐる 江崎紀和子
白魚の一途なまでの瞳かな 宍野宏治
ホッピーの黒白まよひ初三十日 黒木慶英
脛あまた足湯に並び枝垂梅 合志伊和雄
白に白重ねてあをき今朝の雪 荒井智子
春霖や骨格だけのアーケード 松田六呉
春を待つ湯上がりの子の蒙古斑 種谷良二


「澤」(主宰=小澤實)【2000年創刊・東京都杉並区】
<2023年5月号(通巻278号)>
父死後の父が寝息や山枯るる 小澤實
クエタ・ロナ・ロント・クエクト冬銀河 望月とし江
メリーゴーランドの豚は金色春の風 馬場尚美
パイプ椅子がたつく席に卒業す 宮川それいけ
犬橇に振り落とされて橇を追ふ 信太蓬
きつね面とらず餅撒く午まつり 三好忠士
借り物競走「美女」と叫べば五人応ふ 町田無鹿


「磁石」(主宰=依田善朗よだぜんろう【2021年1月創刊・埼玉県蓮田市】
<2023年5・6月号(通巻15号)>
からだからによきによきと爪春動く 依田善朗
枯草に薬莢二つ何撃ちし    渡邊りつ子
兄よりも速き妹風光る    林 瑞夫
春帽子きりんの顔の降りてくる    吉田祥子
雪達磨百の面相見せ溶くる    篠崎央子
大寒の腰に重たき釘袋    飯田冬眞
束の間の日輪にじむ薄氷    河野絢子


「秋麗」(主宰=藤田直子)【2009年創刊・神奈川県川崎市】
<2023年5月号(通巻152号)>
花換まつり幼さのこる巫女の頬 藤田直子
春惜しむ雨を歩くといふことも 黒澤麻生子
静やかに魚道を下る花筏 田沢健次郎
いにしへの闇燃やしけりお水取 後藤信雄
蛇穴を出づ夢みることにあきあきし 東蕾
満開の花房欲しき嬰の指 津國紅
朧夜のロッカーから洩れスマホ音 神谷美津子


青山せいざん」(主宰=しなだしん)【1982年創刊・神奈川県横浜市】
<2023年5月号(通巻486号)>
願ひごと一つ叶ひぬ春近し   山崎ひさを
大麦のための大地のつづきけり   しなだしん
耳の中熱くなりたる麦の秋  井越芳子
妻寝かせ失せ物探す初昔  南井俊輔
父の煮るぶつ切り鱈の醤油色  谷川理美子
詰め合うて子を座らせる暖房車  原 美鈴
旅立ちの朝の小さな雪だるま  井手下由美子


「鷹俳句会」(主宰=小川軽舟)【1961年創刊・東京都千代田区】
<2023年6月号>
思ひ出は思ふほど濃し母子草 小川軽舟
何人(なにびと)もあふぐほかなき桜かな 加藤静夫
惜春や再びは来ぬ同じ波 明地敬子
蓮如忌や流星長き尾をひける 菊池雅顕
探梅や空たっぷりと見て帰る 渡辺柊子
差しで飲みレシート長し春の雨 竹本光雄
夏柳銭湯の客あたま剃る 矢島広


「たかんな」(主宰=吉田千嘉子)【1993年創刊・青森県八戸市】
<2023年5月号(通巻365号)>
隠沼の淀みを抜けて葦の角 小野寺和子
約束のなき祭日の春炬燵 黒田長子
もの言はぬ子となり久し受験生 三野宮照枝
節分の鬼の加はる夕の膳 西浄さえ
天平の礎石を囲む名草の芽 小川三胡
春泥に足を取られし一張羅 滝沢鷹太郎
木の家の声やはらかし春隣 川村久代



たちばな」(主宰=佐怒賀直美)【1978年創刊・埼玉県久喜市】
<2023年6月号(通巻546号)>
初蝶の樹よりひとひら落ちて消ゆ 中山明代
しあはせな主婦の顔して花仰ぐ 斯波広海
水源の小さき祠や木の根明く 髙田良子
たんぽぽへ卵サンドの封を切る 野村のり恵
酒蔵の井戸は湧き水木の芽張る 髙嶋あけみ
エプロンの似合ふ嫁なり花菜漬 坂口朋子
足元を囲む土筆や新担任 田島公樹


(でん)」(主宰=水田光雄)【2003年創刊・千葉県市川市】
<2023年5月号(通巻243号)>
足下にどすんと落ちて紅椿 佐藤千恵子
すくと立つ鶏冠の数や春の風 草子洗
鳥の名を探す脳や水温む 間 恵子
軽石の吐き出すあぶく日永し 上野犀行
肩ふつと力の抜けて初桜 笠原小百合
二階もの干一階しだれざくらかな 平野山斗士
流氷の着岸を訊く寿司屋かな 橘 花優


天穹(てんきゅう)」(主宰=屋内修一)【1998年創刊・東京都渋谷区】
<2023年6月号(通巻304号)>
標本木を囲む一人に佐保姫も 佐々木建成
堺へと菜の花蝶と化し急ぐ 青木遵子
レタス割るパリッと風の音立てて 川手和枝
引力を確かめてをり揚雲雀 田中国太郎
八十は余生の途中桜咲く 渡辺ごろう
ネクタイを結ぶ練習春の夜 曽我晶子
牛たちのモンローウォーク草青む 前川尚子


南風(なんぷう)」(主宰=村上鞆彦(ともひこ)【1933年創刊・東京都葛飾区】
<2023年6月号(通巻955号)>
夏蜜柑誰も採らねばどこにでも 原隆三郎
一つ一つ貌見て薯を植ゑにけり 新治 功
うすらひのつかれゆすられ忘れらる 森あおい
花の下皮一枚の嬰眠り 岡辺明代
屹然と塔雑然と春の雲 梅田実代
海風に失ひながら葺き替ふる 板倉ケンタ
閉店の本屋の書皮や花の雨 陰山 恵



「濃美」(主宰=渡辺純枝)【2009年創刊・岐阜県岐阜市】
<2023年6月号(通巻171号)>
スカートのふくらんでくる花の風 渡辺純枝
梅一輪今日も介護の中にをり 田中雅子
画壇には属さぬと言ふ春火鉢 関谷恭子
春立つや母と私の予定表 西杉佳子
踏青や手毬のやうな犬連れて 横溝和代
あたたかしリュック水筒並びをり 足立あい
永き日の背戸あけ放つ米問屋 辻 斉


「ふよう」(主宰=千々和恵美子)【2005年創刊・福岡県遠賀郡】
<2023年5月号(通巻99号)>
エレベーター一気に花の天守閣  千々和恵美子
カルデラの風の平らや鯉幟  安倍真理子
よき声の鳥をはなさぬ夕桜  貴田将子
自転車の少女一列花の中  渡辺味蕾
潮鳴りのしだいに近く鼓草  門坂悦代
一匹の獲物引き合ふ雀の子  藤本真弓
地下鉄の延伸開業花満開  明石和夫


「ホトトギス」(主宰=稲畑廣太郎)【1897年創刊・東京都千代田区】
<2023年6月号(通巻1518号)>
梅が香や庭への扉開くより 稲畑廣太郎 
細やかに地を浸したる春の雨 花川和久
ガラスペンポップな青の浅き春 竹岡俊一
朝一つ鉢転がつて猫の恋 平尾昌子
曇り空でも心には春の空 伊東法子
明けてくる空の孤独に冬桜 伴統子
おいどあぶりよしと祖母言ふどんどかな 小寺美紀


「街」(主宰=今井聖)【1996年創刊・神奈川県横浜市】
<NO.161>
剪定の軍手に貰ふ笹団子 今井 聖
図書委員同士で無口春の風 髙勢祥子
鳩胸と猫背の姉妹雛あられ 高橋麗子
春炬燵どの封筒も醤油の香 竹内宗一郎
春の蠅ぴぴと目玉の飛びたてり 松野苑子
只酒は飲むなの式辞卒業す 山田富士夫
椎茸のひだの密なる春愁 やまねよしこ


「松の花」(主宰=松尾隆信たかのぶ【1998年創刊・神奈川県平塚市】
<2023年5月号(通巻305号)>
大き手の力士やさしく豆を撒く 松尾隆信
春夕焼け捨ててきしものみな赤く 鈴木大輔
台ヶ岳仔牛の雪形上向きに 宮之原敏恵
かんあけやあともうすこしもうすこし 木原邦彦
餌を撒けば白鳥号に白鳥来 興梠隆
足元に新戦前や多喜二の忌 しかい良通
愛交はしたれば雀も春の鳥 伊藤真理子


「森の座」(代表=横澤放川)【2017年創刊・東京都文京区】
<2023年5月号>
寝釈迦(ののさん)に花あげませう子供たち 横澤放川
建国日声なき声を聞く力 中村弘
紅梅の咲いて嬉しき鬼瓦 斎藤寛子
初場所や退く間をためて押し勝てり 竹内伸子
握り返し妻手術(オペ)室へ冬灯 佐藤一竿
大仏の中の地獄絵年新た 角田貴彗
赤提灯吊つて裸木喜ばす 家登みろく


「雪華」(主宰=橋本喜夫)【1978年創刊・北海道旭川市】
<2023年6月号>
祭壇の裏の骨組みまで朧 橋本喜夫
下萌を嚙んで水車の歯車は 高木宇大
深春野の韻あつめて牛の耳 鈴木牛後
初蝶が朝敵のやう去つてゆく 土井探花
花冷や流れぬものに堀のみづ 鈴木総史
一枚の萵苣暗がりを濡らすため 五十嵐秀彦
母の日の母の代わりの祖母百五歳(ひゃくご) 福井たんぽぽ


「楽園」(主宰=堀田季何)【2021年創刊】
<第3巻第1号(通巻13号)>
精神科のしろばらすこしきいろ 奥村京水
永き日やトンボの描く同心円 吉川わる
鳥の巣に雛の踏みをる骨の屑 姫野理凡
顔のないわたしが産んだ無人島 月波与生
学歴を崇める君へ春火鉢 亘航希
どりやつととろりなあたたかいをのんでがらすにはいつてゐた 横井来季
煙草くさく香水くさく酒くさく 佐藤知春



【次回の投稿のご案内】

◆応募締切=2023年6月30日
*対象は原則として2023年6月中に発刊された俳句結社誌・同人誌です。刊行日が締切直後の場合は、ご相談ください

◆配信予定=2023年7月5日

◆投稿先
以下のフォームからご投稿ください。
https://ws.formzu.net/dist/S21988499/



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年7月分】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年6 月分】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第52回】 新宿と福永耕二…
  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第6回】
  5. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第5回】
  6. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」
  7. 【#45】マイルス・デイヴィスと中平卓馬
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第39回】 青森・五所川原と…

おすすめ記事

  1. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第53回】 秋篠寺と稲畑汀子
  3. 【冬の季語】冬薔薇
  4. 神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第92回】行方克巳
  6. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】
  7. 【春の季語】春めく
  8. ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】
  9. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【10】/辻本芙紗(「銀漢」同人)
  10. いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名

Pickup記事

  1. 逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ 池田澄子【季語=草紅葉(秋)】
  2. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」
  3. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】
  4. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】
  5. ペスト黒死病コレラは虎列刺コロナは何と 宇多喜代子【季語=コレラ(夏)】
  6. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】
  7. 【春の季語】流氷
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第68回】堀田季何
  9. なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】
  10. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)】
PAGE TOP