神保町に銀漢亭があったころ

【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)


硝子扉の中

我部敬子
(「銀漢」同人)


 私が銀漢亭を初めて訪れたのは、開店後1年くらいの頃で、「春耕」の句会の後だったと思う。当時は真ん中にも小さなテーブルがあり、カフェのような明るさがあった。店は賑わい、ギャルソンエプロンの伊那男先生がきびきびと動き回っていらした。

 数年後の平成22年、武田花果さんから創立間近の銀漢俳句会に誘われ、銀漢亭が身近になった。とはいえ一人で入る度胸はなく、何かの集まりでお邪魔する程度だったのだが。

 お店では、お祝い事や送別会、出版祝賀会まで、あの鰻の寝床のようなスペースで行われた。伊那男先生の小料理屋風に丁寧に作られた料理はどれもおいしかった。趣向を凝らした様々な句会も頻繁に運営され、座る場所がなくて立ちっぱなしでも過ごせる元気な俳人たちに感心させられた。

 その中で特に印象に残っているのが湯島句会である。私は28回目(平成22年5月)から参加。伊那男先生や朝妻力先生ををはじめ、岸本尚毅氏、櫂未知子氏、対馬康子氏、水内慶太氏、山田真砂年氏といった錚々たる俳人や新進作家と句座を共にできる超結社の夢のような句会であった。混み合った店内は熱気に包まれ、何かの力にぐいぐいと引っ張られるかのように会は進んだ。締切があるからと仕方なく俳句を作っていた身には、大きな刺激となった。

 22年10月はニューヨーク在住の月野ぽぽなさんが、現代俳句新人賞受賞のため帰国中初参加され、一層盛り上がった。

  母国語は日だまりのやう小鳥くる

 この日の最高点を取ったぽぽなさんの句が披講されると響動きが起こった。誰もが一時帰国をされていた作者の心情に深く共鳴したのであろう。今も忘れることができない一句である。

 奇しくもこのセクトポクリットの管理者である堀切克洋さんもこの日湯島句会に初めて出席し、この句に出会ったと何かに書かれていた。湯島句会の参加者からは多くの若い作家が輩出し活躍されている。

 残念ながら句会は25年に幕を閉じ、銀漢亭もコロナ禍で令和2年に閉店を余儀なくされた。

 常連客にはなれなかったが、私は寺門の扁額のような緑色の看板と、灯の灯った硝子扉の向こうを眺めるのが好きであった。重い硝子の扉の向こうには伊那男先生が築かれた仕事場と、かけがえのない居場所がある。そしてお客さんにとっても大層居心地のよい楽しい居場所である……。  もうお店の形は消えてしまったが、私の脳裏には硝子扉の中で繰り広げられた宴の幻影が、今でも走馬灯のように駆け巡るのである。


【執筆者プロフィール】
我部敬子(がべ・けいこ) 
愛媛県出身
銀漢」同人
衣の歳時記』東京四季出版


【神保町に銀漢亭があったころリターンズ・バックナンバー】

【17】三代川次郎(「春耕」「銀漢」「雲の峰」同人)「関西にもいた銀漢亭のファンたち」
【16】寺澤佐和子(「磁石」同人)「夢の時間」
【スピンオフ】田中泥炭「ホヤケン」【特別寄稿】
【15】上野犀行(「田」)「誰も知らない私のことも」
【14】野村茶鳥(屋根裏バル鱗kokera店主)「そこはとんでもなく煌びやかな社交場だった」
【13】久留島元(関西現代俳句協会青年部長)「麒麟さんと」
【12】飛鳥蘭(「銀漢」同人)「私と神保町ーそして銀漢亭」
【11】吉田林檎(「知音」同人)「銀漢亭なう!」
【10】辻本芙紗(「銀漢」同人)「短冊」
【9】小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)「いや重け吉事」
【8】金井硯児(「銀漢」同人)「心の中の書」
【7】中島凌雲(「銀漢」同人)「早仕舞い」
【6】宇志やまと(「銀漢」同人)「伊那男という名前」
【5】坂口晴子(「銀漢」同人)「大人の遊び・長崎から」
【4】津田卓(「銀漢」同人・「雛句会」幹事)「雛句会は永遠に」
【3】武田花果(「銀漢」「春耕」同人)「梶の葉句会のこと」
【2】戸矢一斗(「銀漢」同人)「「銀漢亭日録」のこと」
【1】高部務(作家)「酔いどれの受け皿だった銀漢亭」



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【202…
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年3月分】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第72回】本井英
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  6. 秋櫻子の足あと【第3回】谷岡健彦
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月25日配信分】

おすすめ記事

  1. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】
  2. 蟭螟の羽ばたきに空うごきけり 岡田一実【季語=蟭螟(夏)】
  3. 【秋の季語】銀漢
  4. 【春の季語】冴返る
  5. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  6. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD
  7. 【夏の季語】夏の夢
  8. 【冬の季語】毛糸
  9. 悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし 波多野爽波【季語=夜食(秋)】
  10. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」

Pickup記事

  1. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  2. 【冬の季語】水洟
  3. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  4. 恋の神えやみの神や鎮花祭 松瀬青々【季語=鎮花祭(春)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】
  6. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  7. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  8. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  9. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
  10. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
PAGE TOP