けふの難読俳句

「けふの難読俳句」【第1回】「直会」


直会(なおらい)

レベル ★★☆☆☆

使用頻度 ★★☆☆☆

<ジャンル> 宗教(神道)

<類語> 神饌、神酒、供物など


【例句】

直会の男が捌く桜鯛    小笠原和男
直会の煮しめの匂ふ里神楽 佐川広治
直会の枝豆青く甘かりき  雨月


【解説】直会は「なおらい」と読みます。歴史的仮名遣いなら、「なほらひ」。神事終了後の宴会(打ち上げ)を指すことが一般的ですね。

もともと「直会」は、祭が終わったあとに、神前に供えた食べ物(神饌)や飲み物(御酒)を神職をはじめ、参列者の方々で戴くことをいいます。神様と飲食をシェアすること(=「神人共食」)により「神人一体」となることが目的だといえましょうか。キリスト教でいうところの「コミュニオン」です。

「なほらひ」は、猶良比(『続日本紀』)、直相(『続日本後紀』)、奈保良比・直食(『皇太神宮儀式帳』)、直会(『延喜式』)、直礼(『下学集』)など、さまざまな表記をされてきましたが、今日では「直会」が最もよく用いられています。


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第24回】近恵
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  5. こんな本が出た【2021年2月刊行分】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年2月分】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(15)/茅根知子さん

おすすめ記事

  1. 主われを愛すと歌ふ新樹かな 利普苑るな【季語=新樹(夏)】
  2. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  3. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】
  4. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】
  5. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
  6. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  8. 【秋の季語】霧
  9. 蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】
  10. 共にゐてさみしき獣初しぐれ 中町とおと【季語=初時雨(冬)】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】
  2. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  3. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  4. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー1】 網走と臼田亞浪
  6. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  7. 【書評】渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)
  8. 【冬の季語】探梅行
  9. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  10. 結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】
PAGE TOP