けふの難読俳句

「けふの難読俳句」【第1回】「直会」


直会(なおらい)

レベル ★★☆☆☆

使用頻度 ★★☆☆☆

<ジャンル> 宗教(神道)

<類語> 神饌、神酒、供物など


【例句】

直会の男が捌く桜鯛    小笠原和男
直会の煮しめの匂ふ里神楽 佐川広治
直会の枝豆青く甘かりき  雨月


【解説】直会は「なおらい」と読みます。歴史的仮名遣いなら、「なほらひ」。神事終了後の宴会(打ち上げ)を指すことが一般的ですね。

もともと「直会」は、祭が終わったあとに、神前に供えた食べ物(神饌)や飲み物(御酒)を神職をはじめ、参列者の方々で戴くことをいいます。神様と飲食をシェアすること(=「神人共食」)により「神人一体」となることが目的だといえましょうか。キリスト教でいうところの「コミュニオン」です。

「なほらひ」は、猶良比(『続日本紀』)、直相(『続日本後紀』)、奈保良比・直食(『皇太神宮儀式帳』)、直会(『延喜式』)、直礼(『下学集』)など、さまざまな表記をされてきましたが、今日では「直会」が最もよく用いられています。


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外―4】 奥武蔵・山毛欅峠…
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  3. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#17
  5. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  7. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第65回】 福岡と竹下しづの…

おすすめ記事

  1. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第1回】2012年・皐月賞
  2. 共にゐてさみしき獣初しぐれ 中町とおと【季語=初時雨(冬)】
  3. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】
  4. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  5. 【春の季語】蛇穴を出る
  6. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  7. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】
  8. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
  10. 【春の季語】シクラメン

Pickup記事

  1. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  2. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」
  3. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
  4. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】
  5. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  6. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第13回】
  8. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月20日配信分】
  10. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】
PAGE TOP