けふの難読俳句

「けふの難読俳句」【第5回】「蹇」


(あしなえ)()

レベル ★★★★

使用頻度 ☆☆☆

<ジャンル> 身体・動物

<類語>歩行困難、肢体障害、下肢機能障害など


【例句】

曳猿の(あしなえ)すなるあはれなり    後藤夜半
凧揚げて(あしなえ)が夢はぐくめり    阪東英政
(あしなえ)が霜夜の妻を哭かしゐて    小林康治


【解説】身体障害にかかわる言葉は、差別との関わりが強いため、時代の要請を免れませんが、「(あしなえ)」という言葉は、大昔から使われてきたがゆえに、いまでは忘れ去られている言葉のひとつかもしれません。

もともと、日本語に「あしなへ」という言葉があり、これは文字通り「足が萎える」ということ。足が不自由になること、足がいうことをきかなくなることを、かつては「(あしな)へぐ」「(あしな)ふ」と言いました。人間以外にも使われてきた言葉で、「四河入海」という17世紀の文献には、「あしなへたる羊なんどが…」という用例が見られます。

ちなみに、「蹇」という漢字の音読みは、漢音で「ケン」です。

そう、これってもしかして「けんけんぱ」や「けんけんで歩く」の「けん」なのではないでしょうか?

漢音の「)(けん)」という字は、もともと「足の不自由なさま」という意味が第一義で、そこから「行動が遅いさま」((けん)(かん))や「お金がなく苦しんでいること」((きゅう)(けん))などの意味が派生しました。「()(けん)」というのは、不自由な足をことばで、それは漢字のかたちにも表れていますね。「(けん)(そく)」という言葉もありますが、「けん()())」あるいは「(けん)()」という言葉もありますから、そこから「けんけんぱ」という遊びにつながっているのではないかと考えられます。

ちなみに、ほぼ同様の意味をもつ「跛」という漢字にも「あしなへ」という読みを与えてきましたが、同時にこの漢字には、「びっこ」や「ちんば」といった、現在では差別的用語として使用を差し控えることがコンセンサスとなっている言葉も読みとして与えられています。

すべての人が五体満足というわけではなく、いつ誰もが病気や事故で足の機能を損傷/喪失するかは、わかりませんから、「足が萎えている」くらいで、ハンデを被らないような互助的な社会をつくることを、わたしたちは常に念頭に置いておく必要があるのでしょう。


【「けふの難読俳句」のバックナンバー】

>>【第4回】「毳」
>>【第3回】「象」
>>【第2回】「尿」
>>【第1回】「直会」


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年2月分】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第64回】 富山と角川源義
  4. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月29日配信分】
  6. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん…
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  8. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】

おすすめ記事

  1. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
  2. かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】
  3. 【新年の季語】雑煮
  4. 【冬の季語】聖樹
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第22回】東山と後藤比奈夫
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月1日配信分】
  7. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回
  8. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
  9. 【冬の季語】早梅
  10. 【第11回】ラジオ・ポクリット【新年会2023】

Pickup記事

  1. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  2. 数と俳句(二)/小滝肇
  3. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第2回
  4. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】
  5. 【春の季語】夜桜
  6. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太
  7. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  8. 流氷は嘶きをもて迎ふべし 青山茂根【季語=流氷(春)】
  9. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】
  10. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
PAGE TOP