連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」鶏皮ポン酢


鶏皮ポン酢

Chips de peau de poulet à la sauce Ponzu


蒸し鶏でもう一品。鶏皮ポン酢です。

蒸し鶏はあらかじめ皮を取り除いてから蒸せば、スープがさっぱりと仕上がるしカロリーも減らせるのですが、この一品のために、わたしは皮つきで蒸しています。

蒸し鶏から外して取り分けておいた鶏の皮を、細く切って片栗粉をまぶし揚げるだけ。
新玉ねぎのスライスと合わせてポン酢をさっと回しかければ、ビールのすすむおつまみになるのです。
新玉ねぎのないときは、水にさらしたふつうの玉ねぎでも、おいしいですよ。

小判草振つてみてそれだけのこと  正木ゆう子

季語【小判草】【玉葱】【ビール】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第122回】樫本由貴
  3. 【第8回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:青木亮人さん)【前編】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  6. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん…
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【11】服部崇

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】南天の実
  2. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
  3. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 パン・デピス
  4. 父の日やある決意してタイ結ぶ 清水凡亭【季語=父の日(夏)】
  5. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  6. 愛断たむこころ一途に野分中 鷲谷七菜子【季語=野分(秋)】
  7. 古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
  8. 【春の季語】春の塵
  9. 遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子【無季】
  10. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  2. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月25日配信分】
  4. 【第5回】ワイキキや黴臭きものなにもなし/千野千佳
  5. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  6. 秋櫻子の足あと【最終回】谷岡健彦
  7. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】
  8. 【冬の季語】枯木
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第66回】 秩父・長瀞と馬場移公子
PAGE TOP