連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」鶏皮ポン酢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鶏皮ポン酢

Chips de peau de poulet à la sauce Ponzu


蒸し鶏でもう一品。鶏皮ポン酢です。

蒸し鶏はあらかじめ皮を取り除いてから蒸せば、スープがさっぱりと仕上がるしカロリーも減らせるのですが、この一品のために、わたしは皮つきで蒸しています。

蒸し鶏から外して取り分けておいた鶏の皮を、細く切って片栗粉をまぶし揚げるだけ。
新玉ねぎのスライスと合わせてポン酢をさっと回しかければ、ビールのすすむおつまみになるのです。
新玉ねぎのないときは、水にさらしたふつうの玉ねぎでも、おいしいですよ。

小判草振つてみてそれだけのこと  正木ゆう子

季語【小判草】【玉葱】【ビール】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第15回】能登と飴山實
  5. 【#27】約48万字の本作りと体力
  6. 【書評】片山由美子『鷹羽狩行の百句』(ふらんす堂、2018年)
  7. 【連載】歳時記のトリセツ(2)/橋本喜夫さん
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第100回】伊藤政三

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP