連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のオムライス


わが家のオムライス

Omurice à la maison


あたたかな日が続くようになってきましたね。
今年はちょっと、春の到来が遅かったような気がします。

わが家のオムライス。

中のチキンライスは、私は炊飯器で炊いてしまいます。
半端な量の鶏肉やウインナー、一個だけ残ったピーマン、にんじんやセロリの切れ端など、ありあわせをざくざく刻み、ケチャップ、コンソメで炊き込みます。
フライパンで人数分のライスを炒めるのは大変ですが、これなら楽だし、残りもの整理もできて一石二鳥なのです。

卵は一人2個、バターは10gほど。バターをケチらないことが重要です。
小さめのフライパンにバターを熱し、溶いた卵を流し入れます。
まずは触らず。周縁部がちりちりと白く固まり始めるのを見極めてから、ぐじゅぐじゅっとひと混ぜし、半熟に火を通します。
フライパンから滑らせて、皿に盛ったチキンライスにのせればできあがりです。

日々世界で起こっていることに胸のふさがるばかりですが、季節のうつろい、毎日の食事、日常の小さなひとつひとつを大切にしつつ、あらゆることから目を背けずにいようと思っています。

水の地球すこしはなれて春の月  正木ゆう子

季語【春の月】【あたたか】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ
  2. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
  4. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第4回】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月25日配信分】
  6. 【連載】新しい短歌をさがして【19】服部崇
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第27回】安里琉太
  8. 【#38】山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】寒
  2. 未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子【季語=未草(夏)】
  3. 【春の季語】梅二月
  4. 【春の季語】初花
  5. 待春やうどんに絡む卵の黄 杉山久子【季語=待春(春)】
  6. 【秋の季語】秋草
  7. 絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦【季語=師走(冬)】
  8. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔
  9. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
  10. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱

Pickup記事

  1. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】
  2. 聴診に一生の秋を聴きにけり 橋本喜夫【季語=秋(秋)】
  3. 【冬の季語】枯蓮
  4. わが知れる阿鼻叫喚や震災忌 京極杞陽【季語=震災忌(秋)】
  5. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
  6. 【新年の季語】餅花
  7. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  8. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  9. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
  10. 流星も入れてドロップ缶に蓋 今井聖【季語=流星(秋)】
PAGE TOP