ハイクノミカタ

数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】


数へ日を二人で数へ始めけり

矢野玲奈


いつもはWeekdayのはじまりの月曜日ですが、今日は仕事を納めてゆっくり、という方も多いのでしょうか。いよいよ今年も残りわずかの数え日です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「数へ日」とは年内も残すところわずかとなり、指折り数えるほどの日数となる頃のこと。

指折り、というのだから十日も切れば数え日といってもいいのだろうが、実感としてはあと四、五日という感じだろう。年内に済ませておくことをこなしつつ、新年を迎える用意も抜かりなく、という年の瀬の慌しい頃だ。

そういえば、「もういくつ寝るとお正月~」という歌があったけれど、最近ではあまり聞いたことがない。この歌に歌われているお正月の風景は、もうどこか遠い世界のようだ。

歌の中では、来る年を今か今かと心待ちにしながら残りの日数を数えているが、「数へ日」のそれは、ゆく年を惜しむ感慨。

さて、掲句。

数え日を二人で数えているのだから、恋人か、夫婦か、と想像するのだが、恋人ではなんとなく甘い。

句をよく見ると、「二人で数へゐたりけり」ではなく、「二人で数へ始めけり」となっている。この「始めけり」にこの句のすべてがある。そこに、「ああ、そうか」と気づかされて、私の中で、忘れがたい一句となった。

この句の二人は、新しく所帯をもった二人。恋人時代が終わり、夫婦としてともに過ごす初めての年の瀬なのだ。

これからいくたびとなく二人で数えるであろう数え日の始まりが、この句には詠みとめられている。そこがとても心憎いな、と思うのだ。

ゆく年を惜しみつつも、夫婦という未知への始まりに寄せる思い。

「数へ日」という季語のもつ感慨に、瑞々しい風が吹き抜けていくのを感じた。

森を離れて』(角川書店 2015)所収

日下野由季


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  2. とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子【季語=春灯(春)】 …
  3. 立ち枯れてあれはひまはりの魂魄 照屋眞理子
  4. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)…
  5. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】…
  6. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】
  7. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】…
  8. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)…

おすすめ記事

  1. 【第2回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 月野ぽぽなさん)
  2. 【春の季語】初音
  3. なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】
  4. 白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】
  5. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年2月分】
  7. 【春の季語】猫の子
  8. 【第20回】新しい短歌をさがして/服部崇
  9. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】
  10. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第5回】

Pickup記事

  1. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  2. 【冬の季語】冬の谷
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月11日スタート】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  5. 蜃気楼博士ばかりが現れし 阪西敦子【季語=蜃気楼(春)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
  7. 夜着いて花の噂やさくら餅 關 圭草【季語=桜餅(春)】
  8. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  9. 【冬の季語】冬帽
  10. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
PAGE TOP