冬の季語

【冬の季語】数え日

【冬の季語=仲冬(12月)】数え日

【ミニ解説】

今年もあと幾日しか残らないというように押し迫った、あわただしい年末の日。

歴史的仮名遣いだと「数へ日」。


【数え日(上五)】
数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石
数へ日の素うどんに身のあたたまり 能村登四郎
数へ日や数へなほして誤たず 能村登四郎
数へ日の町に伸びゐる山の影 伊藤通明
数へ日やレジ打つときの唇うごく 小原啄葉
数へ日や茶筒のうへに燐寸箱 小原啄葉
数へ日のこころのはしを人通る 矢島渚男
数へ日の数へるまでもなくなりぬ 鷹羽狩行
数へ日や用の多くて無きごとく 鷹羽狩行
数へ日の夕富士ぽつんと力あり 櫻井博道
数へ日の交番に泣く女かな 菅野忠夫
数へ日の街に熊出て撃たれけり 栗林浩
数へ日の日のあるうちは沖に舟 西村和子
数へ日のどこに床屋を入れようか  仁平勝
数へ日の話し足りなき母帰す 榎本好宏
数へ日の木曜日なら空いてゐる 森岡正作
数へ日のともあれわたくしの居場所 土肥あき子
数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈
数へ日や徳利の尻こつと鳴り 吉田哲二

【数え日(中七)】
無精髭伸ばして数へ日を過ごす 右城暮石
街騒も数へ日らしくなつて来し 境 雅秋
師のたより待つ数へ日の数へごと 深谷雄大
なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ

【数え日(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】クーラー
  2. 【冬の季語】春近し
  3. 【冬の季語】実南天
  4. 【春の季語】浜下り
  5. 【冬の季語】日向ぼっこ
  6. 【春の季語】四月
  7. 【夏の季語】扇風機
  8. 【冬の季語】聖樹

おすすめ記事

  1. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】
  2. 【秋の季語】吾亦紅
  3. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  4. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】
  5. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子
  7. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  8. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
  9. 地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子【季語=地吹雪(冬)】 
  10. 一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子【季語=雲の峰(夏)】 

Pickup記事

  1. 食欲の戻りてきたる子規忌かな 田中裕明【季語=子規忌(秋)】
  2. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】
  3. 【秋の季語】末枯る
  4. 【夏の季語】ラベンダー
  5. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第39回】 青森・五所川原と成田千空
  7. 嚙み合はぬ鞄のチャック鳥曇 山田牧【季語=鳥曇(春)】
  8. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】
  9. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】
  10. ネックレスかすかに金や花を仰ぐ 今井千鶴子【季語=花(春)】
PAGE TOP