季語・歳時記

【新年の季語】福寿草

新年の季語(1月)】福寿草

【ミニ解説】

花期は早春で、3-4cmの黄色い花を咲かせるが、福寿草という和名には、新春を祝う意味があり、縁起物の植物として古くから栽培されてきた。正月にはヤブコウジなどと寄せ植えにした植木鉢が販売される。春を告げる花の代表として、「元日草」や「朔日草」の別名を持つ。


【福寿草(上五)】
福寿草見てしづかなる命かな 清原枴童
福寿草家族のごとくかたまれり 福田蓼汀
福寿草買いに術後の脚慣らし 由利雪二
福寿草てふ睦まじき混み具合 伊藤伊那男

【福寿草(中七)】

【福寿草(下五)】
何もなき床に置きけり福寿草 高浜虚子
壁の色すこしさびしく福寿草 京極杞陽
日の障子太鼓の如し福寿草 松本たかし
妻の座の日向ありけり福寿草 石田波郷
裏山にゑくぼの日ざし福寿草 成田千空
ボーナスのなきわが前に福寿草 鷹羽狩行
月の夜を重ねふくらむ福寿草 鷹羽狩行
みちのくの闇の千年福寿草 高野ムツオ
みづうみの北は淋しき福寿草 角川春樹
頰杖の高さで愛でむ福寿草 相田惠子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】浜下り
  2. 【新年の季語】小豆粥
  3. 【冬の季語】着ぶくれ
  4. 【冬の季語】冬蟹
  5. 【秋の季語】カンナ/花カンナ
  6. 【冬の季語】冬の滝
  7. 【春の季語】春の雨
  8. 【冬の季語】蓮根掘る

おすすめ記事

  1. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
  2. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】
  3. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  4. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】
  5. 幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子【季語=春泥(春)】
  6. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】
  7. 大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太【季語=大年(冬)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田杏子
  9. 米国のへそのあたりの去年今年 内村恭子【季語=去年今年(冬)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第14回】お茶の水と川崎展宏

Pickup記事

  1. 【春の季語】四月
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男
  3. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  4. 【春の季語】春
  5. 滝落したり落したり落したり 清崎敏郎【季語=滝(夏)】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月27日配信分】
  7. 秋櫻子の足あと【第9回】谷岡健彦
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月15日配信分】
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
  10. 【新年の季語】獅子頭
PAGE TOP