冬の季語

【冬の季語】冬眠

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冬眠

」などの哺乳類や「蝙蝠」などの鳥類が、冬の寒い時期に(食料がなくなる時期に)あえて食事をとることをやめ、活動を停止して眠ったような状態で過ごすこと。冬眠する動物のサイズは、体重が10gに満たない小型のコウモリから体重数百kgになるホッキョクグマまで幅広い。

また、広い意味では「」や「」などの爬虫類や「天道虫」などの昆虫などが、冬季に極めて不活発な状態で過ごすことも指す(「冬越し」といわれる)。

冬眠準備を指す「熊穴に入る」や「蛇穴に入る」「蟻穴に入る」は、秋の季語とされる。

「冬眠」に対する「夏眠」もあり、こちらは熱帯産のカエルやカタツムリなどに見られる。


【冬眠(上五)】
冬眠の蛇のごとくに尊しや 阿部完市
冬眠の蝮のほかは寝息なし 金子兜太
冬眠の蛇に錫杖鳴らし過ぐ 藤田ひろむ
冬眠より覚めたる熊やただ坐る 小澤實
冬眠をひとつぶひとつぶ戻しけり 小野裕三
冬眠のものの夢凝る虚空かな 竹岡一郎
冬眠の前にさびしくなつておく 宮本佳世乃
冬眠や日月星辰巡らせつ 冨田拓也

【冬眠(中七)】

【冬眠(下五)】
ときどきは夢に咲(わら)ひもして冬眠  照屋眞理子
不忍池と地続き冬眠す 太田うさぎ
亀固く蛇やはらかに冬眠す  岡田由季


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】涅槃図
  2. 【春の季語】木の根明く
  3. 【秋の季語】秋めく
  4. 【夏の季語】汗
  5. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  6. 【冬の季語】年忘れ
  7. 【冬の季語】冬の蝶
  8. 【冬の季語】鮟鱇

おすすめ記事

  1. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】
  2. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】
  3. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 グジェール
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(2)/橋本喜夫さん
  5. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】
  6. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】
  7. 秋灯の街忘るまじ忘るらむ 髙柳克弘【季語=秋灯(秋)】
  8. 【夏の季語】初夏(はつなつ)
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月10日配信分】
  10. 古池や芭蕉飛こむ水の音 仙厓【季語=芭蕉(秋)】

Pickup記事

  1. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  2. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】
  3. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  4. 【冬の季語】人参
  5. 【春の季語】沈丁花
  6. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
  7. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  8. べつたら市糀のつきし釣貰ふ 小林勇二【季語=べつたら市(秋)】
  9. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】
  10. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】
PAGE TOP