季語・歳時記

【秋の季語】コスモス

【秋の季語=仲秋〜晩秋(9月〜10月)】コスモス

9月か10月になると、路傍などに咲き始めるキク科の一年草。白やピンクの花をつける。

茎はひょろひょろと伸びて風に揺られているので、風に揺られている、倒れそう、みたいな句が多くなる。

花弁が桜に似ているところから「秋桜」ともいわれるが、そんなに似ていない。


【コスモス(上五)】
コスモスくらし雲の中ゆく月の暈 杉田久女
コスモスの花あそびをる虚空かな 高浜虚子
コスモスや茶も売りに来ぬ駅の昼 巌谷小波
コスモスや海少し見ゆる邸道 萩原朔太郎
コスモスを離れし蝶に谿深し 水原秋櫻子
コスモスの花揺れて来て唇に 星野立子
コスモスなどやさしく吹けば死ねないよ 鈴木しづ子
コスモスに垣の結び目の見ゆるかな 原石鼎
コスモスの紅のみ咲いて嬉しけれ 原石鼎
コスモスのゆれかはしゐて相うたず 鈴鹿野風呂
コスモスはどこにありても風少し 細見綾子
コスモスの押しよせてゐる厨口 清崎敏郎
コスモスといふ片仮名の好きな風 山田弘子
コスモスの色の分れ目通れさう 稲畑汀子
コスモスの花にも欲しき老の艶 後藤比奈夫
コスモスの花を見てをり休肝日 後藤比奈夫
コスモスや今日殺される犬の声 國井克彦
コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄
コスモスを挿して産婦となりし朝 対馬康子
コスモスのどこかがゆれている不惑 木下蘇陽
コスモスと少年ほかは忘れたり 藤村真理
私コスモスいつも離陸路着陸路 池禎章
コスモスの暗がりに足入れている 近恵
コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎
コスモスにぶつかりに行く鳩と風 西生ゆかり

【コスモス(中七)】
風の無き時もコスモスなりしかな 粟津松彩子
つき放す貨車コスモスのあたりまで 深川正一郎
小さき町にコスモス溢れ鳴る汽笛 飴山實

【コスモス(下五)】
藁灰のしめりに散りてゐしコスモス 右城暮石
頭痛の心痛の腰痛のコスモス 金子兜太
破船見の崖でもあるか コスモス揺れ 伊丹三樹彦


「秋桜」の例句はこちらから


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  2. 【冬の季語】追儺
  3. 【夏の季語】梅雨入
  4. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  5. 【新年の季語】歌留多
  6. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  7. 【夏の季語】夏至
  8. 【春の季語】紙風船

おすすめ記事

  1. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂
  2. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  3. 秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子【季語=秋風(秋)】
  4. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【9】/小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第91回】北大路翼
  7. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ
  9. 【書評】『シリーズ自句自解Ⅱベスト100 大牧広』(ふらんす堂、2017年)
  10. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】

Pickup記事

  1. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#10
  3. 初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希【季語=初夢(新年)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第91回】北大路翼
  5. 【春の季語】夕桜
  6. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  7. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  8. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第3回
  9. 渚にて金澤のこと菊のこと 田中裕明
  10. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
PAGE TOP