冬の季語

【冬の季語】蓮枯る

【冬の季語=三冬(11〜1月)】蓮枯る

枯蓮」を動詞的に表した季語。


【蓮枯る(上五)】
蓮枯れて泥に散りこむ紅葉かな 正岡子規
蓮枯れて眺めてふものなき眺め 富安風生
蓮枯れて芥の水となりにけり 草間時彦
蓮枯れて支へなき日がしたたれり 藤田湘子
蓮枯れて何でも映る水のいろ 黒田杏子
蓮枯れて鯉も蛙もあそびに来ず 中田剛
蓮枯れてゆき告白の間に合はず 日原傅
蓮枯れてなほ水面を支配せり 御中虫

【蓮枯る(中七)】
枯るるとき最も蓮のなまめかし 橋閒石

【蓮枯る(下五)】
われを消すものほうほうと蓮枯れて 手塚美佐
たつぷりと日を使ひては蓮枯るる 石田勝彦
庇ひあひ傷つけあひし蓮枯れぬ 篠田悌二郎
石臼を回しておれば蓮枯れる 森田智子

【その他】
蓮十里尽く枯れてしまひけり 正岡子規
ひとつ枯れかくて多くの蓮枯るる 秋元不死男
蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸…
  2. 【秋の季語】花野/大花野
  3. 【春の季語】永き日
  4. 【冬の季語】豆撒
  5. 【冬の季語】クリスマスカード
  6. 【冬の季語】小六月
  7. 【春の季語】彼岸
  8. 【秋の季語】曼珠沙華

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月26日配信分】
  2. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】
  3. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  4. 傾けば傾くまゝに進む橇     岡田耿陽【季語=橇(冬)】
  5. 夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹【季語=夏蝶(夏)】
  6. 寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼【季語=寒木(冬)】
  7. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
  8. 【春の季語】白梅
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第3回】青柳飛
  10. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】

Pickup記事

  1. ほこりつぽい叙情とか灯を積む彼方の街 金子兜太
  2. 【春の季語】初蝶
  3. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】
  4. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  5. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  6. 【冬の季語】枯野
  7. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  8. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】
  9. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  10. 【冬の季語】夕霧忌
PAGE TOP