冬の季語

【冬の季語】蓮枯る

【冬の季語=三冬(11〜1月)】蓮枯る

枯蓮」を動詞的に表した季語。


【蓮枯る(上五)】
蓮枯れて泥に散りこむ紅葉かな 正岡子規
蓮枯れて眺めてふものなき眺め 富安風生
蓮枯れて芥の水となりにけり 草間時彦
蓮枯れて支へなき日がしたたれり 藤田湘子
蓮枯れて何でも映る水のいろ 黒田杏子
蓮枯れて鯉も蛙もあそびに来ず 中田剛
蓮枯れてゆき告白の間に合はず 日原傅
蓮枯れてなほ水面を支配せり 御中虫

【蓮枯る(中七)】
枯るるとき最も蓮のなまめかし 橋閒石

【蓮枯る(下五)】
われを消すものほうほうと蓮枯れて 手塚美佐
たつぷりと日を使ひては蓮枯るる 石田勝彦
庇ひあひ傷つけあひし蓮枯れぬ 篠田悌二郎
石臼を回しておれば蓮枯れる 森田智子

【その他】
蓮十里尽く枯れてしまひけり 正岡子規
ひとつ枯れかくて多くの蓮枯るる 秋元不死男
蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】涅槃図
  2. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  3. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
  4. 【冬の季語】花八手
  5. 【冬の季語】暮早し
  6. 【夏の季語】【秋の季語?】ピーマン
  7. 【秋の季語】芋虫
  8. 【春の季語】冴返る

おすすめ記事

  1. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて
  2. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
  3. 一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】
  4. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  5. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
  6. 【第20回】新しい短歌をさがして/服部崇
  7. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  8. 行秋や音たてて雨見えて雨 成瀬正俊【季語=行秋(秋)】
  9. 【冬の季語】冬眠
  10. 松風や俎に置く落霜紅 森澄雄【季語=落霜紅(秋)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】椿寿忌
  2. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【11】/吉田林檎(「知音」同人)
  4. 【新年の季語】餅花
  5. 【秋の季語】秋彼岸
  6. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  7. 【冬の季語】鼻水
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」菜の花のオイスターソースがけ
  9. 【冬の季語】手袋
  10. 【春の季語】惜春
PAGE TOP