季語・歳時記

【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花

【秋の季語(初秋=8月)】臭木の花/常山木の花

【解説】名前の由来は葉っぱの悪臭ですが、花や果実はけっこういいにおい。8月から10月の暑い季節、クサギは山野で次々と花を咲かせます。赤紫色のインパクトある萼に、細くて可憐な白色の五弁花を咲かせるのが特徴。

【臭木の花】
逃ぐる子を臭木の花に挟みうち   波多野爽波

【花臭木】
花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み  本井英

【常山木の花】
行き過ぎて常山木の花の匂ひけり  富安風生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】枯芝
  2. 【秋の季語】末枯
  3. 【夏の季語】サイダー
  4. 【冬の季語】凍る
  5. 【春の季語】雛祭
  6. 【春の季語】雛
  7. 【夏の季語】父の日
  8. 【新年の季語】元日

おすすめ記事

  1. 五十なほ待つ心あり髪洗ふ 大石悦子【季語=髪洗ふ(夏)】
  2. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】
  3. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】
  4. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  5. 【冬の季語】冬の月
  6. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】
  7. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第56回】 白川郷と能村登四郎
  9. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)
  10. 麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜 飯田蛇笏【季語=夏めく(夏)】

Pickup記事

  1. 秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子【季語=秋山(秋)】
  2. 【秋の季語】秋の蛇
  3. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  4. 【春の季語】雛祭
  5. 芽柳の傘擦る音の一寸の間 藤松遊子【季語=芽柳(春)】
  6. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  7. 【#28】愛媛県の岩松と小野商店
  8. 【春の季語】朝桜
  9. 黴くさし男やもめとなりてより 伊藤伊那男【季語=黴(夏)】
  10. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
PAGE TOP