季語・歳時記

【春の季語】囀

【春の季語(三春=2月〜4月)】囀

季語としての「囀」は繁殖期を迎えた鳥の求愛の鳴き声を指します。一方で、そこに春の喜びをみることも可能でしょう。

囀る」と動詞で使われることもあります。


【囀(上五)】
囀や絶えず二三羽こぼれ飛び 高浜虚子
囀りをこぼさじと抱く大樹かな 星野立子
囀りにぼそと人語をさしはさむ 中村汀女
囀りやアパートをいつ棲み捨てむ 石田波郷
囀りに応へて朝の水の張り 桂信子
囀やピアノの上の薄埃 島村元
囀や粥は一匙づつ熱し 坂内文應
さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子
さへづりのなか引越を考へる しなだしん
囀や朝は頁のやうに来る 南十二国

【囀(中七)】
空深き囀りは人忘じをり 飯田龍太
昼ふかき囀りやがて夢となる 古賀まり子
喪の明けてより囀の中にあり 恒藤滋生
老松に囀りしきり廃寺跡 高見平次

【囀(下五)】



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】小豆粥
  2. 【秋の季語】秋桜
  3. 【春の季語】雛祭
  4. 【春の季語】菜の花
  5. 【冬の季語】雪掻く
  6. 【冬の季語】セーター
  7. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  8. 【冬の季語】煤逃

おすすめ記事

  1. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第51回】 軽井沢と堀口星眠
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第95回】若井新一
  4. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 
  5. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  6. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#08】書きものとガムラン
  7. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  8. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2021.9】
  9. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第118回】前北かおる

Pickup記事

  1. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  2. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第10回】水無瀬と田中裕明
  4. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 
  5. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
  6. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  7. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第6回】
  8. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  9. 子規逝くや十七日の月明に 高浜虚子【季語=月明(秋)】
  10. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】
PAGE TOP