季語・歳時記

【春の季語】囀

【春の季語(三春=2月〜4月)】囀

季語としての「囀」は繁殖期を迎えた鳥の求愛の鳴き声を指します。一方で、そこに春の喜びをみることも可能でしょう。

囀る」と動詞で使われることもあります。


【囀(上五)】
囀や絶えず二三羽こぼれ飛び 高浜虚子
囀りをこぼさじと抱く大樹かな 星野立子
囀りにぼそと人語をさしはさむ 中村汀女
囀りやアパートをいつ棲み捨てむ 石田波郷
囀りに応へて朝の水の張り 桂信子
囀やピアノの上の薄埃 島村元
囀や粥は一匙づつ熱し 坂内文應
さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子
さへづりのなか引越を考へる しなだしん
囀や朝は頁のやうに来る 南十二国

【囀(中七)】
空深き囀りは人忘じをり 飯田龍太
昼ふかき囀りやがて夢となる 古賀まり子
喪の明けてより囀の中にあり 恒藤滋生
老松に囀りしきり廃寺跡 高見平次

【囀(下五)】



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】沙翁忌
  2. 【秋の季語】山椒の実
  3. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  4. 【冬の季語】梅探る
  5. 【秋の季語】野菊
  6. 【冬の季語】歳晩
  7. 【冬の季語】水洟
  8. 【夏の季語】夏蝶

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年4月分】
  2. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第3回】
  4. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  5. 横顔は子規に若くなしラフランス 広渡敬雄【季語=ラフランス(秋)】
  6. 【冬の季語】鮟鱇
  7. じゆてーむと呟いてゐる鯰かな 仙田洋子【季語=鯰(夏)】
  8. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  9. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  10. ミシン台並びやすめり針供養 石田波郷【季語=針供養(春)】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#03】Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
  3. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  4. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】
  5. 自動車も水のひとつや秋の暮 攝津幸彦【季語=秋の暮(秋)】
  6. 紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二【季語=紅梅(春)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第52回】 新宿と福永耕二
  8. 風へおんがくがことばがそして葬 夏木久
  9. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  10. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】
PAGE TOP