冬の季語

【冬の季語】冬来たる(冬来る)

【冬の季語=初冬(11月)】冬来たる(冬来る)

【ミニ解説】

太陽暦の11月8日ごろ、冬の最初の日、すなわち「立冬」のこと。

冬に入る」「冬立つ」とも。立冬の朝のことは「今朝の冬」。

「来(きた)る」と送りを少なくすることもある。


【冬来る(上五)】
冬来る地の福音にこころ満ち 飯田蛇笏
冬来るといろめきだちて滝は落つ 山田みづえ
冬来る分厚き斧の刃をまたぎ 波多野爽波
冬来たるオリオンの名を讃ふれば 上田五千石
冬来る岩を彫りたるのみあとに 細見綾子
冬来ると思ふパスタを残さずに 関根誠子

【冬来る(中七)】
工場園冬来ぬ鉄の柵を張り 細谷源二
藁いろの冬来て近む神の山 鷲谷七菜子
長き冬来りけり地に外燈の輪よ 大野林火
又慰む冬来りなばといひをれば 相生垣瓜人
青空のさいかちの冬来りけり 森澄雄
鳴るごとく冬きたりなば水少し 生駒大祐

【冬来る(下五)】
好色の書に深窓の冬来る 飯田蛇笏
命終ふものに詩もなく冬来る 飯田蛇笏
幼児のごと赤富士のごと冬来たる 橋閒石
頬赤き方が妹冬来る 松川洋酔


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春塵
  2. 【春の季語】雨水
  3. 【冬の季語】蓮根掘る
  4. 【新年の季語】歌かるた(歌がるた)
  5. 【冬の季語】梅早し
  6. 【冬の季語】兎狩
  7. 【冬の季語】時雨
  8. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥

おすすめ記事

  1. 【#29】スマッシング・パンプキンズと1990年代
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  3. 【夏の季語】夏服/白服 麻服 サマードレス サンドレス 簡単服 あつぱつぱ 半ズボン ショートパンツ
  4. 【春の季語】芹
  5. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】
  6. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  7. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
  8. 【春の季語】蝶
  9. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女
  10. 軋みつつ花束となるチューリップ 津川絵理子【季語=チューリップ(春)】

Pickup記事

  1. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】
  2. 銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】
  3. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】
  4. 【#22】鍛冶屋とセイウチ
  5. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】
  6. 三椏の花三三が九三三が九 稲畑汀子【季語=三椏の花(春)】
  7. 【冬の季語】冬の谷
  8. 鯖買ふと決めて出てゆく茂かな 岩田由美【季語=鯖・茂(夏)】
  9. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
  10. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
PAGE TOP