冬の季語

【冬の季語】冬来たる(冬来る)

【冬の季語=初冬(11月)】冬来たる(冬来る)

【ミニ解説】

太陽暦の11月8日ごろ、冬の最初の日、すなわち「立冬」のこと。

冬に入る」「冬立つ」とも。立冬の朝のことは「今朝の冬」。

「来(きた)る」と送りを少なくすることもある。


【冬来る(上五)】
冬来る地の福音にこころ満ち 飯田蛇笏
冬来るといろめきだちて滝は落つ 山田みづえ
冬来る分厚き斧の刃をまたぎ 波多野爽波
冬来たるオリオンの名を讃ふれば 上田五千石
冬来る岩を彫りたるのみあとに 細見綾子
冬来ると思ふパスタを残さずに 関根誠子

【冬来る(中七)】
工場園冬来ぬ鉄の柵を張り 細谷源二
藁いろの冬来て近む神の山 鷲谷七菜子
長き冬来りけり地に外燈の輪よ 大野林火
又慰む冬来りなばといひをれば 相生垣瓜人
青空のさいかちの冬来りけり 森澄雄
鳴るごとく冬きたりなば水少し 生駒大祐

【冬来る(下五)】
好色の書に深窓の冬来る 飯田蛇笏
命終ふものに詩もなく冬来る 飯田蛇笏
幼児のごと赤富士のごと冬来たる 橋閒石
頬赤き方が妹冬来る 松川洋酔


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】春を待つ
  2. 【春の季語】木の根明く
  3. 【冬の季語】冬滝
  4. 【冬の季語】冬銀河
  5. 【冬の季語】鯨
  6. 【春の季語】雨水
  7. 【秋の季語】末枯る
  8. 【春の季語】四月

おすすめ記事

  1. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  2. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  3. 【冬の季語】霜柱
  4. 【新年の季語】俎始
  5. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  6. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第6回】
  9. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
  10. 月光や酒になれざるみづのこと 菅 敦【季語=月光(秋)】

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
  2. 銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】
  3. 【秋の季語】八月
  4. 銀河系のとある酒場のヒヤシンス 橋 閒石【季語=ヒヤシンス(春)】
  5. 【春の季語】初花
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第93回】井上弘美
  7. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第9回】2006年 朝日杯フューチュリティステークス ドリームジャーニー
  8. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】
  9. 【春の季語】花粉症
  10. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
PAGE TOP