冬の季語

【冬の季語】室咲

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】室咲

温室のなかで花を咲かせること、あるいは咲いた花のこと。

「室咲き」と「き」を送ることもある。

室の花」ともいう。


【室咲(上五)】
室咲や詩書積む中に花ひとつ 水原秋櫻子
室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子
室咲きに水やることも旅支度 片山由美子

【室咲(中七)】

【室咲(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】寒い
  2. 【冬の季語】寒木
  3. 【冬の季語】ラグビー
  4. 【秋の季語】秋草
  5. 【秋の季語】虫籠/むしご
  6. 【馬の俳句】
  7. 【冬の季語】熊
  8. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】末枯る
  2. 【春の季語】初音
  3. 【冬の季語】寒
  4. 【冬の季語】短日
  5. 初春の船に届ける祝酒 中西夕紀【季語=初春(新年)】
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【14】/野村茶鳥(屋根裏バル鱗kokera店主)
  7. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】
  8. 【冬の季語】枯芝
  9. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)
  10. 【新年の季語】繭玉

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第20回】遠賀川と野見山朱鳥
  2. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】
  3. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  4. 【冬の季語】鮟鱇
  5. 後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ 佐藤りえ【秋の季語=萩(冬)】
  6. 【冬の季語】寒の内
  7. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  8. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第110回】今井康之
  10. 【新連載】新しい短歌をさがして【1】服部崇
PAGE TOP