冬の季語

【冬の季語】室咲

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】室咲

温室のなかで花を咲かせること、あるいは咲いた花のこと。

「室咲き」と「き」を送ることもある。

室の花」ともいう。


【室咲(上五)】
室咲や詩書積む中に花ひとつ 水原秋櫻子
室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子
室咲きに水やることも旅支度 片山由美子

【室咲(中七)】

【室咲(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  2. 【春の季語】春の泥
  3. 【春の季語】花
  4. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  5. 【春の季語】雛人形
  6. 【秋の季語】秋の風
  7. 【春の季語】浜下り
  8. 【春の季語】沈丁花

おすすめ記事

  1. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】
  2. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  3. 【冬の季語】息白し
  4. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
  5. なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子【季語=復活祭(春)】
  6. 命より一日大事冬日和 正木ゆう子【季語=冬日和(冬)】
  7. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】
  8. 猫じゃらし全部さわって二年生 小川弘子【季語=猫じゃらし(秋)】
  9. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  10. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】

Pickup記事

  1. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑
  2. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第6回】
  4. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回
  5. 【秋の季語】秋蝶
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎
  7. 萩に雨こんな日もなければ困る 中原道夫【季語=萩(秋)】
  8. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  9. 【春の季語】恋の猫
  10. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】
PAGE TOP