季語・歳時記

【春の季語】初音

【春の季語=初春(2月)】初音

初音といえばミクであるが、俳句ではその年初めて聞く「」の鳴き声をいう。

」は、夏の「時鳥」、秋の「」と同様に、昔より愛でられてきた。

梅の花の蜜を吸いにくるので、「」が定番の図柄である。


【初音(上五)】
初音てふ一途なるもの聞きとめし 渡辺健

【初音(中七)】
声きつと初音のみなる避難地区 大牧広
録音のやうな初音のなかにゐる 宮本佳世乃

【初音(下五)】
手鏡をふるひたたせる初音かな 八田木枯
観音の胎内にゐて初音聞く 柏原眠雨
聞きとめしことまなざしに初音かな 片山由美子
風柔らかくやはらかく初音聞く 稲畑廣太郎
鎌倉の立子の空を初音かな 津川絵理子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】冴返る
  2. 【冬の季語】歳晩
  3. 【冬の季語】春を待つ
  4. 【夏の季語】扇風機
  5. 【冬の季語】枯木立
  6. 【秋の季語】小鳥来る
  7. 【冬の季語】冬麗
  8. 【春の季語】旧正

おすすめ記事

  1. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月20日配信分】
  3. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】
  4. 【春の季語】魚氷に上る
  5. 【冬の季語】数え日
  6. 数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】
  7. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】
  8. 愛かなしつめたき目玉舐めたれば 榮猿丸【季語=冷たし(冬)】
  9. 南天のはやくもつけし実のあまた 中川宋淵【季語=南天の実(冬)】
  10. こんな本が出た【2021年2月刊行分】

Pickup記事

  1. めちやくちやなどぜうの浮沈台風くる 秋元不死男【季語=台風(秋)】
  2. 節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】
  3. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  4. こんな本が出た【2021年4月刊行分】
  5. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  6. 【秋の季語】長薯/薯蕷
  7. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  8. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  9. 【#46】大学の猫と留学生
  10. 【春の季語】彼岸
PAGE TOP