冬の季語

【冬の季語】干蒲団(干布団)

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】干蒲団(干布団)

【ミニ解説】

干されている「蒲団」。あるいは、干された「蒲団」のこと。

蒲団干す」と動詞的にも用いられる。


【干蒲団(上五)】
干布団真赤朱欒は枝に垂れ 高野素十
干布団美しからず蝶飛べど 川端茅舎
干蒲団箱根の谷に叩きをり 藤田湘子
干布団都電の音にふくらめり 飯島晴子
干蒲団東武電車の影よぎる 岡本眸
干蒲団うすむらさきに沖はあり 菅原鬨也
干蒲団仇の如く叩きけり 河本遊子

【干蒲団(中七)】

【干蒲団(下五)】
雪解の雫すれすれに干布団 高浜虚子
どの家もみな仕合せや干蒲団 鈴木花蓑
一枚は綿の片寄る干布団 飯島晴子
北陸や海照る屋根の干布団 岡本眸
名山に正面ありぬ干蒲団 小川軽舟
通る人なくてしづかや干布団 上田信治
雑居ビル窓の一つに干布団 榮 猿丸


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】月涼し
  2. 【春の季語】紙風船
  3. 【新年の季語】初夢
  4. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  5. 【冬の季語】今朝の冬
  6. 【冬の季語】師走
  7. 【冬の季語】冬銀河
  8. 【夏の季語】サイダー

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第33回】馬場龍吉
  2. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 
  3. 【冬の季語】十二月
  4. なんぼでも御代りしよし敗戦日 堀本裕樹【季語=敗戦日(秋)】
  5. 【冬の季語】古暦
  6. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)】
  7. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#04】原付の上のサバトラ猫
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【はじめに】こしだまほ
  9. 山又山山桜又山桜 阿波野青畝【季語=山桜(春)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋

Pickup記事

  1. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  2. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  3. 腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治【季語=かき氷(夏)】
  4. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】
  5. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】
  6. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  7. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】
  8. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  9. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第37回】龍安寺と高野素十
PAGE TOP