冬の季語

【冬の季語】蒲団干す(布団干す)

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】蒲団干す(布団干す)

【ミニ解説】

蒲団」を天日に干すこと。

からりとした冬の好天に干した蒲団で眠るのは、気持ちがよい。

季語としては「干蒲団」としても用いられる。


【蒲団干す(上五)】
布団干す名畑の山を渡り鵙 前田普羅
布団干す妻の辺に蝶生れけり 草間時彦
布団干す雲の行方を追ひ乍ら 稲畑汀子

【蒲団干す(中七)】
他所者のきれいな布団干してある 行方克巳
悪夢見ぬやうに布団を叩き干す 堀切克洋

【蒲団干す(下五)】
燈台を思ひ出しをり蒲団干す 加倉井秋を
葬りあと湖に向け蒲団干す 宇多喜代子
改元の空はそらいろ蒲団干す 矢作十志夫
江の島と富士のあひだに蒲団干す 大森春子
ビルに住みコンクリートに布団干す 岸本尚毅


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】猫柳
  2. 【春の季語】屋根替
  3. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  4. 【春の季語】うらら
  5. 【秋の季語】台風(颱風)
  6. 【夏の季語】涼しさ
  7. 【冬の季語】立冬
  8. 【新年の季語】初夢

おすすめ記事

  1. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】
  3. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  6. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮
  7. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  8. 【#41】真夏の個人的な過ごし方
  9. 鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦【季語=鳥帰る(春)】
  10. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】囀る
  2. 【夏の季語】ごきぶり
  3. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】
  4. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  5. 【卵の俳句】
  6. 紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二【季語=紅梅(春)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第103回】中島三紀
  8. 魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯【季語=九月(秋)】
  9. 【冬の季語】古暦
  10. 【秋の季語】茸(菌)
PAGE TOP