冬の季語

【冬の季語】蒲団(布団)

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】蒲団(布団)

【ミニ解説】

「蒲団」の「蒲」は植物の「ガマ」。

かつてはガマの葉が「むしろ」という敷物の材料に使われていたため、この字が当てられているが、江戸期には、衣服など日常品への綿需要拡大を受けて、田に代わり綿の栽培や問屋・糸商といった綿産業が発達。次第に「布」という字が当てられることにもなったが、「蒲」という字のほうがインパクトがあるせいか、今もなお「蒲団」という字が選択されることも多い。

現代では、鳥の羽などをつめた軽くて暖かい「羽毛布団」も寝具として重宝される。

蒲団干す」「干蒲団」「敷布団」「掛布団」などとしても使われる。「毛布」なども冬の季語。

「夏蒲団」「夏掛」は夏の季語である。


【蒲団(布団)(上五)】
この蒲団幾度君を泊めにけり 荻原井泉水
蒲団より落ちたる文庫本スリラー 藤田湘子
蒲団叩きたんぽぽ離ればなれなり 小川軽舟

【蒲団(布団)(中七)】
嵐雪とふとん引き合ふ侘寝かな 与謝蕪村
ある時は蒲団のおごり好もしき 高濱虚子
美しき布団に病みて死ぬ気なく 森田愛子
父の死や布團の下にはした銭 細谷源二
夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎
亡き母が蒲団を敷いてから帰る 八田木枯
いちまいの蒲団の裏の枯野かな 齋藤愼爾
奥の間に蒲団伸べある町家かな 角谷昌子
県道に俺のふとんが捨ててある 西原天気
押入を開けて布団の明るしよ 上田信治
怖い漫画朝の蒲団の中にあり 小久保佳世子
てのひらを蒲団に隠しおほせる日 中嶋憲武
掛け直す蒲団の乳のにほひかな 伊藤幹哲

【蒲団(布団)(下五)】
死神を蹶る力無き蒲団かな 高浜虚子
花びらのときに入りこむ蒲団部屋 桂信子
先生の眠つてをりし蒲団かな 今井杏太郎
聖人に夢なしと聞く厚蒲団 有馬朗人
旗を灯に変えるすべなし汗の蒲団 大本義幸
どうみても悪夢見さうな厚蒲団 伊藤伊那男
上海に背負ひて来たる蒲団かな 日原傳
名前からちょっとずらして布団敷く 倉本朝世


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  2. 【春の季語】野に遊ぶ
  3. 【春の季語】彼岸
  4. 【秋の季語】秋山
  5. 【冬の季語】雪掻く
  6. 【冬の季語】咳く
  7. 【春の季語】沙翁忌
  8. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花

おすすめ記事

  1. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  2. 大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】
  3. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  4. 【新年の季語】初句会
  5. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】
  6. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)
  7. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  8. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」
  9. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】
  10. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香

Pickup記事

  1. 三角形の 黒の物体の 裏側の雨 富沢赤黄男
  2. 橇にゐる母のざらざらしてきたる 宮本佳世乃【季語=橇(冬)】
  3. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  4. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第20回】竹内宗一郎
  6. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】
  7. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】
  8. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】
  9. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年6月分】
PAGE TOP