夏の季語

【夏の季語】薔薇

【夏の季語=初夏(5月)】薔薇

初夏、美しく香り高い花を咲かせる。

温室で育てられることもあり、一年を通じて見ることができる花だが、はる秋になれば「秋薔薇」、冬になれば「冬薔薇」となる。「薔薇の芽」は、春の季語である。


【薔薇(上五)】
薔薇活けて少し気重な客を待つ 木地本嘉子
雨後の薔薇大きく息をしてゐたる 岡田由季
ばらの雨白い鯨が来るだらう 鎌田俊
薔薇の雨忌野清志郎の墓 伊藤麻美

【薔薇(中七)】
街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平
モガキツツ薔薇鐵皿ニ燒キアガル 関悦史 

【薔薇(下五)】
長兄の手品はいつも薔薇が出る 仁平勝
なつかしくここにも雨の薔薇咲いて 石田郷子

【ほかの季語と】
ハンカチの薔薇の刺繍も乳くさき 神野紗希



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】寒し
  2. 【春の季語】魚氷に上る
  3. 【冬の季語】マスク
  4. 【新年の季語】初厨
  5. 【春の季語】野遊
  6. 【冬の季語】忘年会
  7. 【夏の季語】滝
  8. 【春の季語】石鹸玉

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#17
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#14
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  4. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】
  5. 【新年の季語】七種(七草)
  6. 【冬の季語】マフラー
  7. いつまでもからだふるへる菜の花よ 田中裕明【季語=菜の花(春)】 
  8. 【春の季語】春の泥
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
  10. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】

Pickup記事

  1. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  2. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  3. 【冬の季語】春待つ
  4. 【春の季語】日永
  5. 【冬の季語】火事
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈
  7. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
  8. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)
  9. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
  10. 【新年の季語】注連の内
PAGE TOP