夏の季語

【夏の季語】薔薇

【夏の季語=初夏(5月)】薔薇

初夏、美しく香り高い花を咲かせる。

温室で育てられることもあり、一年を通じて見ることができる花だが、はる秋になれば「秋薔薇」、冬になれば「冬薔薇」となる。「薔薇の芽」は、春の季語である。


【薔薇(上五)】
薔薇活けて少し気重な客を待つ 木地本嘉子
雨後の薔薇大きく息をしてゐたる 岡田由季
ばらの雨白い鯨が来るだらう 鎌田俊
薔薇の雨忌野清志郎の墓 伊藤麻美

【薔薇(中七)】
モガキツツ薔薇鐵皿ニ燒キアガル 関悦史 
ハンカチの薔薇の刺繍も乳くさき 神野紗希

【薔薇(下五)】
長兄の手品はいつも薔薇が出る 仁平勝
なつかしくここにも雨の薔薇咲いて 石田郷子



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬に入る
  2. 【秋の季語】霧
  3. 【冬の季語】熊
  4. 【冬の季語】探梅行
  5. 【冬の季語】八手咲く
  6. 【冬の季語】冬蟹
  7. 【冬の季語】冬立つ
  8. 【夏の季語】ごきぶり

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−3】 広島と西東三鬼
  2. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#06】落語と猫と
  4. こんな本が出た【2021年2月刊行分】
  5. 天高し風のかたちに牛の尿 鈴木牛後【季語=天高し(秋)】
  6. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】
  7. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】
  8. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第8回】鈴木てる緒
  10. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

Pickup記事

  1. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  3. 悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし 波多野爽波【季語=夜食(秋)】
  4. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#17
  6. ポメラニアンすごい不倫の話きく 長嶋有
  7. 【冬の季語】春隣
  8. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  9. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  10. 【春の季語】春の夜
PAGE TOP