季語・歳時記

【秋の季語】秋薔薇

【秋の季語=仲秋(9月)】秋薔薇

秋に咲く「薔薇」のこと。「あきばら」と四音で読むことも、「あきそうび」と五音で読むこともできる。後者の場合、歴史的仮名遣いは「あきさうび」となる。

夏に咲く薔薇と比べて、日差しが弱まる分、花にもどことなく翳りが感じられる。


【秋薔薇(上五)】
秋薔薇や彩を尽して艶ならず 松根東洋城
秋ばらや音も立てずに過す日に 中村汀女
秋薔薇は崩るるために挿されけり 石田勝彦

【秋薔薇(中七)】
目の高さにて秋薔薇の赤となる 波多野爽波

【秋薔薇(下五)】
白は供華赤は書斎に秋薔薇 稲畑汀子
大阪の夕暮色の秋薔薇  津田このみ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】梅雨明
  2. 【秋の季語】秋気
  3. 【春の季語】春節
  4. 【冬の季語】鼻水
  5. 【秋の季語】白式部
  6. 【冬の季語】枯芝
  7. 【春の季語】春寒し
  8. 【春の季語】春分の日

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  3. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  4. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  5. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
  6. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  7. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  8. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  9. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  10. 【新年の季語】俎始

Pickup記事

  1. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
  2. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  3. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二
  4. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  5. 【冬の季語】豆撒
  6. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  7. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】
  8. 【冬の季語】春待つ
  9. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】
  10. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
PAGE TOP