季語・歳時記

【秋の季語】秋薔薇

【秋の季語=仲秋(9月)】秋薔薇

秋に咲く「薔薇」のこと。「あきばら」と四音で読むことも、「あきそうび」と五音で読むこともできる。後者の場合、歴史的仮名遣いは「あきさうび」となる。

夏に咲く薔薇と比べて、日差しが弱まる分、花にもどことなく翳りが感じられる。


【秋薔薇(上五)】
秋薔薇や彩を尽して艶ならず 松根東洋城
秋ばらや音も立てずに過す日に 中村汀女
秋薔薇は崩るるために挿されけり 石田勝彦

【秋薔薇(中七)】
目の高さにて秋薔薇の赤となる 波多野爽波

【秋薔薇(下五)】
白は供華赤は書斎に秋薔薇 稲畑汀子
大阪の夕暮色の秋薔薇  津田このみ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】大晦日
  2. 【夏の季語】梅雨の月
  3. 【冬の季語】煤逃
  4. 【新年の季語】成人の日
  5. 【夏の季語】万緑
  6. 【冬の季語】裸木
  7. 【春の季語】涅槃図
  8. 【冬の季語】節分会

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】小満
  2. 昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美【季語=昼顔(夏)】
  3. 【冬の季語】冴ゆ・冴え
  4. 【春の季語】春寒
  5. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  6. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】
  7. 口中のくらきおもひの更衣 飯島晴子【季語=更衣(夏)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第14回】お茶の水と川崎展宏
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第25回】沖縄・宮古島と篠原鳳作
  10. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由

Pickup記事

  1. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
  2. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】
  3. 【新年の季語】雑煮
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  5. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】
  6. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  7. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  8. 春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎【季語=春惜む・蝶々(春)】
  9. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】
PAGE TOP