冬の季語

【冬の季語】室の花

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】室の花

室咲」のこと。古くは「」「」「黄梅」「木瓜」などの春に咲く花を土蔵の室に入れ、炉火を用いて温めて早咲きにさせていたというが、いまは温室である。栽培される品種も「シクラメン」や「薔薇」「」などが多い。「室の梅」「室の蘭」などと具体的に花の名前を示すこともある。


【室の花(上五)】
室の花童話の書棚増やしけり 中嶋陽子

【室の花(中七)】
匂いなき室の花あり旅一夜  磯直道

【室の花(下五)】
暗き方は海に雪ふる室の花 篠田悌二郎
形見ともなく手入れせし室の蘭 角川照子
通されてしばらくひとり室の花 木地本嘉子
人の目の優しさに会ふ室の花  保坂リエ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】凍蝶
  2. 【冬の季語】落葉
  3. 【冬の季語】聖夜劇
  4. 【冬の季語】蓮根掘
  5. 【春の季語】引鴨
  6. 【春の季語】ヒヤシンス
  7. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  8. 【春の季語】旧正月

おすすめ記事

  1. 【春の季語】蛇穴を出る
  2. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  3. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  4. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
  5. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス
  7. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し
  9. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】
  10. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)

Pickup記事

  1. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】
  2. ライターを囲ふ手のひら水温む 斉藤志歩【季語=水温む(春)】
  3. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】
  4. 【冬の季語】八手咲く
  5. 【新年の季語】松の内
  6. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  7. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  8. 【冬の季語】寒椿
  9. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第2回】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年3月分】
PAGE TOP