冬の季語

【冬の季語】室の花

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】室の花

室咲」のこと。古くは「」「」「黄梅」「木瓜」などの春に咲く花を土蔵の室に入れ、炉火を用いて温めて早咲きにさせていたというが、いまは温室である。栽培される品種も「シクラメン」や「薔薇」「」などが多い。「室の梅」「室の蘭」などと具体的に花の名前を示すこともある。


【室の花(上五)】
室の花童話の書棚増やしけり 中嶋陽子

【室の花(中七)】
匂いなき室の花あり旅一夜  磯直道

【室の花(下五)】
暗き方は海に雪ふる室の花 篠田悌二郎
形見ともなく手入れせし室の蘭 角川照子
通されてしばらくひとり室の花 木地本嘉子
人の目の優しさに会ふ室の花  保坂リエ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】朝桜
  2. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  3. 【秋の季語】秋思
  4. 【冬の季語】春隣
  5. 【冬の季語】冬木
  6. 【春の季語】桜蘂降る
  7. 【冬の季語】嚏(嚔)
  8. 【春の季語】雛

おすすめ記事

  1. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  2. ミシン台並びやすめり針供養 石田波郷【季語=針供養(春)】
  3. 【夏の季語】昼寝
  4. 【春の季語】二月尽
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  6. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」
  7. 【冬の季語】冬の猫
  8. 【春の季語】蜃気楼
  9. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】
  10. 春の言葉おぼえて体おもくなる 小田島渚【季語=春(春)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  2. あかさたなはまやらわをん梅ひらく 西原天気【季語=梅(春)】
  3. 悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし 波多野爽波【季語=夜食(秋)】
  4. 紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子【季語=紅梅(春)】
  5. 【新連載】きょうのパン句。【#2】ル・フィヤージュ
  6. 遊女屋のあな高座敷星まつり 中村汀女【季語=星まつり(秋)】
  7. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  8. 父の日やある決意してタイ結ぶ 清水凡亭【季語=父の日(夏)】
  9. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年1月分】
PAGE TOP