季語・歳時記

【春の季語】シクラメン

【春の季語=初春(2月)】シクラメン

クリスマスには「室咲」のものが出回るシクラメンだが、俳句では春の季語となっている。

シクラメンは、サクラソウ科の観賞用球根植物で、地中海が原産。長柄のハート形の葉に花茎を伸ばし花をつける。

【参考】猫髭 ホトトギス雑詠選抄〔16〕 春の部(四月)シクラメン・上
    猫髭 ホトトギス雑詠選抄〔16〕 春の部(四月)シクラメン・下


【シクラメン(上五)】
シクラメンはシクラメンのみかなしけれ 中村汀女

【シクラメン(中七)】
整数のとなりでシクラメンの咲く 小津夜景

【シクラメン(下五)】
性格が八百屋お七でシクラメン 京極杞陽
部屋のことすべて鏡にシクラメン 中村汀女
母もまたひとりを好むシクラメン 津川絵理子
スナックの昼のギターとシクラメン 太田うさぎ
背鰭あるものが過ぎゆくシクラメン 杉山久子
旅に来てシャンプー安しシクラメン 松本てふこ


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】入梅
  2. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  3. 【冬の季語】冬木
  4. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  5. 【冬の季語】待春
  6. 【秋の季語】秋の風
  7. 【冬の季語】春隣
  8. 【冬の季語】聖菓

おすすめ記事

  1. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
  2. 【冬の季語】聖夜劇
  3. 花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】
  4. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)
  5. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】
  6. 麦真青電柱脚を失へる 土岐錬太郎【季語=青麦(夏)】
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【番外編】
  8. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  9. 【連載】歳時記のトリセツ(3)/鈴木牛後さん
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」蕪のクリームスープ

Pickup記事

  1. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  2. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】
  3. 【冬の季語】蕪
  4. 夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹【季語=夏蝶(夏)】
  5. 【冬の季語】マスク
  6. 【秋の季語】小鳥来る
  7. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)
  8. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  9. 秋櫻子の足あと【第11回】谷岡健彦
  10. 秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子【季語=秋風(秋)】
PAGE TOP