季語・歳時記

【夏の季語】海の日

【解説】明治天皇が初めて船に乗ったことにちなむ「海の記念日」が、1996年から祝日となっている。もともとは7月20日、現在は7月の第3月曜日。

【関連季語】夏の海、海の家など。

【海の日】
海の日に集ひて地球ボランティア 稲畑汀子
海の日の庭に海岸つくりけり   落合水尾
海の日の海より月の上りけり  片山由美子
海の日の望遠鏡を拭いてをり  涼野海音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春雷
  2. 【春の季語】春塵
  3. 【冬の季語】咳く
  4. 【夏の季語】【秋の季語】原爆忌/広島忌 長崎忌
  5. 【冬の季語】着ぶくれ
  6. 【夏の季語】夏の月
  7. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  8. 【夏の季語】向日葵

おすすめ記事

  1. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【番外編】
  3. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  4. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#3】
  5. 【春の季語】四月
  6. 【書評】伊藤伊那男 第三句集『然々と』(北辰社、2018年)
  7. 【夏の季語】海の家
  8. 【春の季語】春泥
  9. 【春の季語】啄木忌
  10. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】

Pickup記事

  1. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  3. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  4. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  5. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】
  6. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  7. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  9. 【秋の季語】霧
  10. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】
PAGE TOP