季語・歳時記

【春の季語】四月馬鹿

【春の季語=晩春(4月)】四月馬鹿

4月1日。「エイプリルフール」のこと。「万愚節」ともいう。


【四月馬鹿(上五)】
四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子
四月馬鹿傘さして魚買いに行く 有働薫
四月馬鹿犬に挨拶して通る 有賀稲香 
四月馬鹿缶に残れるシリカゲル 上田信治

【四月馬鹿(中七)】

【四月馬鹿(下五)】
炊飯器噴き鳴りやむも四月馬鹿 石川桂郎
古き木に古き支へ木四月馬鹿  津髙里永子
喰ふための噓も少しく四月馬鹿 伊藤伊那男
妻の嘘一度も知らず四月馬鹿 小川軽舟
君たちのやわらかなシャツ四月馬鹿 小野裕三
ペンギンの羽ばたき速し四月馬鹿 近 恵
後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之
白すぎて雲は浮かぶよ四月馬鹿  福田若之


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】熊穴に入る
  2. 【春の季語】鴨帰る
  3. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  4. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  5. 【秋の季語】秋灯下
  6. 【春の季語】白椿
  7. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌
  8. 【夏の季語】蜘蛛の糸

おすすめ記事

  1. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】
  2. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】
  3. 【新年の季語】獅子頭
  4. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
  6. 夏場所の終はるころ家建つらしい 堀下翔【季語=夏場所(夏)】
  7. 馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子【季語=雑煮(新年)】
  8. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  9. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】
  10. 【冬の季語】春を待つ

Pickup記事

  1. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】
  2. 【夏の季語】海の家
  3. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  4. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】
  5. 【冬の季語】枯芝
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」苺のシャンティイ風
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年11月分】
  9. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
  10. 【冬の季語】熊
PAGE TOP