冬の季語

【冬の季語】忘年

【冬の季語=仲冬(12月)】忘年

【ミニ解説】

もともとは「歳(年)忘れ」といった風習が、近代に入って「忘年会」となった。

「忘年」というと、宴会などを暗示する「会」という言葉が入っていないぶん、「年忘れ」と「忘年会」の中間的なニュアンスになる。


【忘年(上五)】
忘年や身ほとりのものすべて塵 桂信子
忘年の山河はまざと鶴翔たず 齋藤玄

【忘年(中七)】
田にひとつ燃え忘年の捨焚火 森澄雄
身ほとりや濃き忘年の墓煙 飯島晴子

【忘年(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】愛日
  2. 【夏の季語】たかんな
  3. 【春の季語】紅梅
  4. 【冬の季語】実南天
  5. 【秋の季語】月
  6. 【冬の季語】毛糸編む
  7. 【新年の季語】読初
  8. 【夏の季語】金魚

おすすめ記事

  1. 酒醸す色とは白や米その他 中井余花朗
  2. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  3. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】
  4. 【春の季語】余寒
  5. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】
  6. 【秋の季語】野菊
  7. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】
  8. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】
  9. 【夏の季語】梅雨入
  10. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん

Pickup記事

  1. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】
  2. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】
  3. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  4. 【夏の季語】ソーダ水
  5. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】
  6. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  7. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月26日配信分】
  9. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】
  10. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
PAGE TOP