季語・歳時記

【春の季語】春の雪

【春の季語=三春(2月〜4月)】春の雪

暦のうえで「立春」を過ぎた後に降る「」のこと。「春雪」ともいう。

気温が上昇しているため、水分を多くふくんだ「牡丹雪」なども春の季語となっている。

また、「」に雪が積もることもあり、それを「桜隠し」と呼ぶことがある。

文藝作品としては、三島由紀夫の『春の雪』が有名である。


【春の雪(上五)】
春の雪庭先すこしありて置く 籾山梓月
春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女

【春の雪(中七)】
屑捨てしそこより春の雪腐る  寺田京子

【春の雪(下五)】
下町は雨になりけり春の雪  正岡子規
目の前に大きく降るよ春の雪  星野立子
ふりつのりくるあかるさや春の雪  久保田万太郎
ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎
提燈にさはりて消ゆる春の雪  谷崎潤一郎
新興俳句忌ちふはなけれど春の雪  三橋敏雄
オムスクトムスクイルスノヤルスクチタカイダラボ春の雪  金原まさ子
馥郁と内臓はあり春の雪  高野ムツオ
目に残るとは消ゆること春の雪  西村和子
置いてゆく本も結はきぬ春の雪 望月 周
検問の灯に近づくや春の雪  林 雅樹
しつしつとボクサーの息春の雪 中嶋憲武
草に積み草より解け春の雪  阪西敦子
帰途に食ふ釜玉うどん春の雪 斉藤志歩


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】椿
  2. 【冬の季語】豆撒く
  3. 【冬の季語】冬帽
  4. 【秋の季語】芭蕉/芭蕉葉、芭蕉林
  5. 【夏の季語】水着
  6. 【冬の季語】蒲団(布団)
  7. 【秋の季語】蕎麦の花
  8. 【春の季語】春の塵

おすすめ記事

  1. 引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽【季語=子猫(春)】
  2. 【冬の季語】セーター
  3. 【夏の季語】海の日
  4. 見るうちに開き加はり初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  5. 鬼灯市雷門で落合うて 田中松陽子【季語=鬼灯市(夏)】
  6. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男
  8. 草田男やよもだ志向もところてん 村上護【季語=ところてん(夏)】
  9. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  10. こんな本が出た【2021年2月刊行分】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】立秋
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第2回】
  3. 夏場所や新弟子ひとりハワイより 大島民郎【季語=夏場所(夏)】
  4. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  5. 泥棒の恋や月より吊る洋燈 大屋達治【季語=月(秋)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第44回】西村麒麟
  7. 郭公や何処までゆかば人に逢はむ 臼田亜浪【季語=郭公(夏)】
  8. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  9. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん
  10. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
PAGE TOP