季語・歳時記

【春の季語】春の雪

【春の季語=三春(2月〜4月)】春の雪

暦のうえで「立春」を過ぎた後に降る「」のこと。「春雪」ともいう。

気温が上昇しているため、水分を多くふくんだ「牡丹雪」なども春の季語となっている。

また、「」に雪が積もることもあり、それを「桜隠し」と呼ぶことがある。

文藝作品としては、三島由紀夫の『春の雪』が有名である。


【春の雪(上五)】
春の雪庭先すこしありて置く 籾山梓月
春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女

【春の雪(中七)】
屑捨てしそこより春の雪腐る  寺田京子

【春の雪(下五)】
下町は雨になりけり春の雪  正岡子規
故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎
目の前に大きく降るよ春の雪  星野立子
ふりつのりくるあかるさや春の雪  久保田万太郎
ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎
提燈にさはりて消ゆる春の雪  谷崎潤一郎
新興俳句忌ちふはなけれど春の雪  三橋敏雄
オムスクトムスクイルスノヤルスクチタカイダラボ春の雪  金原まさ子
馥郁と内臓はあり春の雪  高野ムツオ
目に残るとは消ゆること春の雪  西村和子
置いてゆく本も結はきぬ春の雪 望月 周
検問の灯に近づくや春の雪  林 雅樹
しつしつとボクサーの息春の雪 中嶋憲武
草に積み草より解け春の雪  阪西敦子
帰途に食ふ釜玉うどん春の雪 斉藤志歩


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  2. 【秋の季語】芋虫
  3. 【冬の季語】十一月
  4. 【秋の季語】白式部
  5. 【春の季語】春の夢
  6. 【冬の季語】年惜む
  7. 【夏の季語】小満
  8. 【冬の季語】冬の薔薇

おすすめ記事

  1. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】
  2. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  3. 【夏の季語】涼しい
  4. 台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦【季語=台風(秋)】
  5. 【春の季語】春
  6. 【春の季語】春分の日
  7. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  9. 【新年の季語】門松
  10. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  2. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. 全国・俳枕の旅【第72回】 松山・石手寺と篠原梵
  4. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】
  5. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 
  6. 【冬の季語】節分会
  7. 【#26-3】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【5】服部崇
  9. 【新年の季語】七日
  10. 天高し風のかたちに牛の尿 鈴木牛後【季語=天高し(秋)】
PAGE TOP