季語・歳時記

【春の季語】立春

【春の季語=初春(2月)】立春

新暦の2月3日、2月4日ごろ。この日より暦の上では「」となる。「春来る」「春立つ」とも。

二十四節気のひとつめ。次の節気の「雨水」前日までを指すこともある。

前日は「節分」で、邪気を払うために「豆を撒く」行事を行う。

立春直後の「早春」は、ところどころに「春めく」ものの、寒い日が続く。

これを「余寒」「春寒」「冴返る」「春浅し」などという季語で言い表す。


【立春(上五)】
立春の米こぼれをり葛西橋 石田波郷
立春の月の早くもあがりけり 安住敦
立春の海よりの風海見えず 桂 信子
立春の佛蘭西麺麭の虚かな 小澤實
ああ立春の腰のあたりがプレスリー 佐山哲郎
立春や腕より長きパンを買ふ 津川絵理子
立春の零下二十度の吐息 三品吏紀
立春や杉の根方に射すひかり 伊藤幹哲
立春や徹頭徹尾黄のインコ 藤本智子

【立春(中七)】
さざ波は立春の譜をひろげたり 渡辺水巴
胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫

【立春(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】葱坊主
  2. 【春の季語】落椿
  3. 【春の季語】引鴨
  4. 【冬の季語】寒の内
  5. 【秋の季語】残暑
  6. 【春の季語】芹
  7. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸…
  8. 【冬の季語】鬼やらい

おすすめ記事

  1. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第10回】
  3. 【第3回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 成田一子さん)
  4. 絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦【季語=師走(冬)】
  5. 【新年の季語】松納
  6. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  7. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のオムライス
  9. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第26回】千倉由穂

Pickup記事

  1. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】
  2. 【夏の季語】クーラー
  3. 【春の季語】雛飾る
  4. 【春の季語】三椏の花
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第14回】辻村麻乃
  6. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】
  7. 【都道府県別の俳句】
  8. 【冬の季語】火事
  9. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】
  10. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
PAGE TOP