季語・歳時記

【春の季語】春めく

【春の季語=三春(2月〜4月)】春めく

「立春」をすぎて、気温もあがり、風もやわらかく感じられ、春らしくなってくること。

「春兆す」「春動く」とも。


【春めく(上五)】
春めきし風と覚えつ急かずゆく 星野立子
春めくといふ言の葉をくりかへし 阿部みどり女
春めきて昨日と同じ雨ならず 岩垣子鹿
春めくと梯子の上で父が言ふ 菖蒲あや
春めくやわだちのなかの深轍 鷹羽狩行
春めきてレシート凄まじき長さ 上川紗央里

【春めく(中七)】
寄席の木戸あいて春めく日なりけり 入船亭扇橋
わが里の春めく言葉たあくらたあ 矢島渚男
 医療功労賞受賞の渡部トキさんに
そばにゐるだけで春めくやうなひと 鷹羽狩行

【春めく(下五)】
生乳の毳けば立つほどに春めける 中村和弘
雲少し戻りしことも春めく日 阪西敦子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】八手の花
  2. 【春の季語】春の野
  3. 【冬の季語】炬燵
  4. 【冬の季語】枯芝
  5. 【春の季語】立春
  6. 【春の季語】余寒
  7. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  8. 【春の季語】初東風

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】夏蝶
  2. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
  3. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−3】 広島と西東三鬼
  5. 【冬の季語】鬼やらい
  6. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第119回】木戸敦子
  8. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】
  9. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  10. さよならと梅雨の車窓に指で書く 長谷川素逝【季語=梅雨(夏)】

Pickup記事

  1. 滝落したり落したり落したり 清崎敏郎【季語=滝(夏)】
  2. 春の雁うすうす果てし旅の恋 小林康治【季語=春の雁(春)】
  3. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  4. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  5. 【新連載】「ゆれたことば」#1「瓦礫」千倉由穂
  6. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  8. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
  9. 【冬の季語】十二月
  10. 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】
PAGE TOP